泡沫の歌 森鴎外と星新一をつなぐひと ホシヅル文庫

小金井喜美子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784109101073
ISBN 10 : 4109101077
フォーマット
発行年月
2018年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
199p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • エヌ氏の部屋でノックの音が・・・ さん

    2018年 1月28日 初版。。。大先生はおばあちゃん子で合ったことは随筆などで知っていたが、1000に拘ったのも推し量ることが出来るような気がする。

  • Tenjin さん

    森鴎外を兄に持ち、星新一の祖母でもある小金井喜美子の短歌や随筆の紹介。星新一の「わかりやすくてなめらかな文章」は彼女を通して森鴎外から受け継がれたものではないか、という推測は面白い。個人的には鴎外との親密なやり取りが興味深かったです。明治の上流家庭では本当に兄を「お兄い様」と呼んでいたのか、と。病気で寝込んでいる妹の唇を筆で湿らせるシーンとかフィクションまがいの雰囲気がたまりません(後に兄の友人と結婚するので、恋愛感情とは違うまっとうな家族愛なわけですが)。NHK辺りがドラマ化してくれないだろうか。(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品