図南の翼 十二国記 新潮文庫

小野不由美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101240596
ISBN 10 : 4101240590
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
追加情報
:
419p;16

内容詳細

大人たちに勇気がないのなら、あたしが王になる! 12歳の少女が国を統べることは叶うのか。シリーズで大人気の珠晶が、いよいよ登場! 《完全版》「十二国記」Episode6

国を統(す)べるのは、あたししかいない! 恭国(きょうこく)は先王が斃(たお)れて27年、王不在のまま治安は乱れ、妖魔まで徘徊(はいかい)していた。首都連檣(れんしょう)に住む少女珠晶(しゅしょう)は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしを与えられ、闊達な娘に育つ。だが、混迷深まる国を憂える珠晶はついに決断する。「大人が行かないのなら、あたしが蓬山(ほうざん)を目指す」と――12歳の少女は、神獣麒麟により王として選ばれるのか。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
数ある十二国記シリーズの中でも一冊で完結...

投稿日:2021/04/13 (火)

数ある十二国記シリーズの中でも一冊で完結するのでシリーズ初心者でも読みやすいかと思います。 主人公の性格や行動力に圧倒されあっという間に読了してしまうこと請け合いですので是非手に取っていただきたい一冊です。

ラビ さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
主人公の気持ちの良いぐらいのカリスマ性を...

投稿日:2021/02/23 (火)

主人公の気持ちの良いぐらいのカリスマ性を感じながら、どっぷり世界観にハマってあっという間に読み終えてしまう名作です。十二国記をまだ読んだことのない方にも読んでいただける作品だと思います。(さかのぼって全部読みたくなると思いますが)

simsim さん | 京都府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミュポトワ@猫mode さん

    十二国記エピソード6読了です。今回の本は、まぁすごい!はじめ、陽子Loveの私は陽子がいないー!陽子どこー!って絶叫していたのですが、読み進めるうちにものの見事にのめりこみ、陽子じゃなくて良いかなとか思い始め、最終的にはこの子も、いやこの子が良いとかなっちゃう有様で。いやはや、すごいわ。もうね、時間を忘れて読み進められる、傑作本ってやっぱりこういうのを言うのですよね。十二国記シリーズは本当に面白くて、何度も読み返したくなるんです。伏線の張り方も秀逸ですし。まぁまずは、今出ている本を最後まで読みますけどね。

  • nobby さん

    十二国記5作目。これは面白く、気持ちよく一気読み。12才のお嬢様による蓬山を目指す冒険活劇。「大人がグズグズするのなら、自分がまず試されてやる!」という珠晶のぶっ飛んだ想いと行動力がいい!少女ならではの思い込みは鼻につきながらも、鋭く正論ついている。やはり幼いと感じた思考の学習・成長たるや末恐ろしい(笑)物語の好転を分かって読むも、ドキドキの危機の連続は脇を固めるキャラ達の見せ処。思わぬ名前の登場にもニヤリ♪最後の「大莫迦者っ!」が心地よいこと極まりない。

  • NADIA さん

    この十二国の世界では、王に最もふさわしい国民を麒麟が選び出すという仕組みとなっている。本書では昇山という「我こそがこの国の王だ」と自負する国民が逢山に出向いて麒麟に逢うパターンの物語である。ヒロイン珠晶は12歳の女の子。昇山するには早すぎる年齢だが、出会った大人を巻き込みながら、昇山を果たすため妖魔の出る黄海へと乗り出していく。正直なところ、珠晶のような小生意気な子供は好きではないが、彼女のブレない考え・態度、そして学び取ろうとする姿がとても気持ちがよく好感が持てた。シリーズの中でも爽快感が高い作品だ。

  • 白いワンコ さん

    『十二国記』の順を追ってくれば、恭王珠晶の人となりはもう明らかであるため、安心して読める本作だが…利広(大物)が語る「天の配剤」に(わかるわかる)と頷きつつ読み進めると、突然の犬狼真君(超大物)とその正体に思わず叫び声を上げてしまった!それもまた「天の配剤」なのだから、全てすんなりと腑に落ちてしまう。この世界観に、まだしばらく浸っていたい

  • あきぽん さん

    弱冠12歳のお金持ちのお嬢様、荒野を行く‼強気で生意気だけど、まさに有言実行だったり自分のことばかり考えてはいないところが普通のコムスメとは違います。危機管理やアウトサイダーの問題など考えさせられつつ楽しく読んだところで、最後に予想外のどんでん返しを喰らいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小野不由美

12月24日、大分県生まれ。大谷大学文学部卒業。在学中は京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。1988年作家デビュー。2013年『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。’20年「十二国記」シリーズで第5回吉川英治文庫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

小野不由美に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品