Mr.Children 道標の歌

小貫信昭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784164010020
ISBN 10 : 4164010029
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;20

内容詳細

ミスチルのこと
深く知ることが出来た気がします。
好きになりそうです。
桜井和寿(Mr.Children)


稀代の国民的バンド・Mr.Childrenの30年にわたる軌跡をその代表曲とともに紐解く、“読む”ベスト・アルバム!
名曲たちがさらなる輝きを放つ、日本ミュージックシーンの歴史に残る1冊。

本書では、Mr.Childrenを追いかけた25年間の膨大なアーカイブと、この本の執筆のために取材をしたメンバーや関係者の新たな証言をもとに、彼らの代表曲や重要曲を中心に取り上げ、その魅力を紐解きながら、これまで門外不出だったエピソードも交え、彼らのヒストリーを綴っていく。いわばMr.Childrenの現時点での、“読む”ベスト・アルバムなのである。(本文より)

【目次】
Introduction
1988−1992 君がいた夏
1993−1994 innocent world
1995−1996 名もなき詩
1997−1998 終わりなき旅
1999−2000 口笛
2001−2003 HERO
2004−2007 Sign
2008−2010 GIFT
2011−2012 擬態
2013−2015 足音〜Be Strong
2016−2018 himawari
Outroduction

●著者紹介
小貫信昭 おぬき・のぶあき
1957年東京都生まれ。1980年、『ミュージック・マガジン』を皮切りに音楽について文章を書き始め、音楽評論家として30年のキャリアを持つ。25年以上にわたり、Mr.Childrenの音楽とメンバーの魅力を言葉として紡ぎ、ファンに届け続けている。ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』(通称「骨」「肉」)、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』『Mr.Children 2005-2010 <macro>』ではライナーノーツも担当するなど、Mr.Childrenに最も精通する書き手である。著書に、『es(エス)―Mr.Children in 370 DAYS』など。

【著者紹介】
小貫信昭 : 1957年東京都生まれ。1980年、『ミュージック・マガジン』を皮切りに音楽について文章を書きはじめ、音楽評論家として40年のキャリアを持つ。25年以上にわたり、Mr.Childrenの音楽とメンバーの魅力を言葉として紡ぎ、ファンに届けつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • bookrockcurry さん

    ★★★★半

  • たらお さん

    ミスチルの歌は、シングル曲よりもアルバム収録曲の歌詞が心に刺さるときがある。たぶんこれは自分だと思わせる絶妙な歌詞を曲に当てて乗せているんだと思う。この本では、レコーディングを中心としたまとまった時間軸で話が進んでいく。メンバーや小林武史からも言葉を引き出しているのはよい。個人的にはもっと曲の解説を読みたかったのだが、有名な何曲かについては曲作りの過程を垣間見ることができたのでよしとする。この本をきっかけに、またCDを引っ張りだし、彼らの歌を聴くという至福の時間を得られたことに少しうれしく思った。

  • ニカ さん

    Mr.Childrenの知らなかった話しがいくつかあり、良かった。途中で歌詞が載ってるのも良い。

  • コンチャン さん

    Mr.Childrenの誕生から現在までが1冊の本になっています。有名なエピソードから、ここで初めて語られるような事柄まで記載されており、楽しめました。年末の紅白のパフォーマンスも素晴らしく、一気読みしてしまいました。

  • 柊よつか さん

    公式ライナーノーツも手掛ける小貫信昭さんによる、彼らへの取材アーカイブ。バンド結成から最新アルバム「SOUNDTRACKS」直前まで。彼らの音楽制作の歩みが、分かりやすい言葉で切り取られ、積み重ねられている。私が彼らのファンになって二十数年経つ。その間、一度も飽きたことはない。それまでの曲を愛でながら、常に最新の音を心待ちにしてきた。彼らの音楽が広く長く愛される理由が、この本には散らばっていると思う。鉱石の欠片を両手一杯にすくって、ほらこれだよ!と頭上に掲げるような⋯そんな気持ちになった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小貫信昭

1957年東京都生まれ。1980年、『ミュージック・マガジン』を皮切りに音楽について文章を書きはじめ、音楽評論家として40年のキャリアを持つ。25年以上にわたり、Mr.Childrenの音楽とメンバーの魅力を言葉として紡ぎ、ファンに届けつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていた

プロフィール詳細へ

小貫信昭に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品