徹底抗戦都市モスクワ 戦い続ける街を行く!

小泉悠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784798616612
ISBN 10 : 4798616613
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
215p;19

内容詳細

“軍事のデ○ズニーランド”を謳う巨大テーマパーク「愛国者広場」、戦車マニアの憧れ「クビンカ戦車博物館」、珍品揃いの航空機で知られる「モニノ空軍博物館」、謎の地下施設「ブンケル42冷戦博物館」―など、モスクワは軍事的観光スポットの宝庫!

目次 : 序章 モスクワへ(軍事オタクが見たモスクワ/ 巨大軍事イベント『アルミヤ』 ほか)/ 第1章 モスクワという街(「徹底抗戦都市」モスクワ/ 2つのモスクワ ほか)/ 第2章 クレムリンという迷宮(「力の省庁」を見て歩く/ GPSが使えない ほか)/ 第3章 地下帝国モスクワ(市民の足モスクワ・メトロ/ 地下にもう一つのモスクワが? ほか)/ 第4章 モスクワを取り巻く軍事施設(米軍パイロットが世界一突入したくない街/ もうひとつの防空網A‐135弾道ミサイル防衛システム ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Shintaro さん

    ブンガクじゃなくてすいません。本書はミリオタのためのモククワ観光ガイド。趣味が違う方に勧めるつもりはないが、僕のツボにはなぜか刺さった。モスクワは今も戦っている。それはロシアが戦い続けているからなのだ。ICBMの核弾頭がいつ再突入するかわからないからだが、それって東京も同じじゃね。ドイツ軍を寸前で止めたせいか、市民と軍隊との距離がとても近い。公開されているブンケル42のほかに、非公開のメトロ2やラメンキ43もあるらしい。エルミタージュ美術館には昔から興味があるが、スミソニアンに匹敵しそうなモニノもいいな。

  • shamrock さん

    ミリタリーマニア向け、モスクワガイド本。モスクワの成り立ちから冷戦期を経て現在までを俯瞰できる。とても勉強になった。またいきたい。「ロシア語には安全という言葉が存在しない」という一文が印象的。

  • Tenouji さん

    ミリオタ向けの内容ではあるが、いわゆる軍事面でのロシア的なるものが、非常に具体的にわかる内容。クレムリン周辺ではGPSが狂うんだw。

  • 四不人 さん

    螺旋人氏のイラストに惹かれて購入したが、内容もとても面白かった。それにしても「ソ連」というのはツッコミ所満載の国家だったんだなあ。今となっては「満州国」と同じくらい興味深い。「ロシア」になるとまだ生臭いな。

  • Comics さん

    軍事オタクによる、モスクワ近郊の軍事観光スポット紀行。オタクな視点が面白い、またモスクワには、英語の話せる観光警察官が居る一方、ガチムチな治安維持警察官オモンがデモ鎮圧してるとか、クレムリンしゅうへんはGPS電波を狂わせる「シポヴニク・アエラ」が配備されてるとか、勉強になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小泉悠

1982年千葉県生まれ。早稲田大学社会科学部、同大学院政治学研究科修了。政治学修士。民間企業勤務、外務省専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所(IMEMO RAN)客員研究員、公益財団法人未来工学研究所客員研究員を経て、東京大学先端科学技術研究センター(グローバルセキュリティ・宗教分

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品