図説 日本インテリアの歴史 室内でみる日本住宅 古代から近代まで ふくろうの本

小泉和子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762319
ISBN 10 : 430976231X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
追加情報
:
179p;22

内容詳細

古代から近代まで、日本のインテリアの歴史をたどる画期的な1冊!!「方丈記」の室内、金閣はどう飾られていたのか?日本人の暮らしをがわかる決定版ガイド。

【著者紹介】
小泉和子 : 1933年、東京生まれ。登録文化財昭和のくらし博物館館長・重要文化財熊谷家住宅館長。家具道具室内史学会会長・工学博士。家具室内意匠史及び生活史研究家。文化財建造物の家具インテリアの修復復元、吉野ヶ里・根城その他の復元建物の内部復元、江戸東京博物館・三国町龍翔館ほか博物館や資料館の展示企画および製作などを行う。2010年には記録映画「昭和の家事」を製作。2007年まで京都女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • だ〜しな さん

    読んでいると日本の室内空間はあらかじめ間取りをとって造るのでなく、居住者や目的に従って、障子や屏風などのインテリアで間取りを構成していくスタイルだとわかり、非常に興味深かった。そう考えると、インテリアが空間の装飾だけではない意味をを持っていたのだろう。大河や歴史ドラマにちょくちょく出てくる小物の名前もわかるので地味に役に立った。江戸から明治、大正にかけての和式内装から洋式内装への転換期もかかれており、一般住宅への普及の歴史なども詳細にわかる。人を取り巻く物の歴史として非常にまとまっていて面白い本だと思う

  • めぐみこ さん

    古墳時代から戦後まで。住宅そのものの形式から、床・座るもの・窓・部屋のしつらえ等々。外国から伝来したり新たに考え出されたインテリアがビルトインされる過程が面白かった。合理的というかアレンジ上手というか。付録の意匠図案集が色々まとめられてて凄いのに小さくて勿体なかった。裏表紙の紫陽花のステンドグラスは現代からしても綺麗でおしゃれ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小泉和子

1933年東京生まれ。登録文化財昭和のくらし博物館館長・家具道具室内史学会会長・工学博士。専門は家具道具室内史と生活史

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品