里見家の宝をさがせ! 歴史探偵アン&リック

小森香折

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036359103
ISBN 10 : 403635910X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
207p;19

内容詳細

杏珠がひっこしてきた古いお屋敷には、家訓がある。ひとつ。菊を植えるべからず。ふたつ。日光に行くべからず。みっつ。家宝を売るべからず。でも、その家宝がなんなのかは、だれも知らないらしい。そんなとき出会った陸と、杏珠は、家宝についてしらべてみることに…!めざすは、「八犬伝」で有名な里見家の家宝!?かみあわないふたりは、お宝をみつけだせるのか?小学校高学年から。

【著者紹介】
小森香折 : 東京都に生まれる。『ニコルの塔』でちゅうでん児童文学賞大賞、新美南吉児童文学賞を受賞

染谷みのる : 奈良県に生まれる。イラストレーター、漫画家。書籍の装画や挿絵、雑誌での漫画執筆を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • バニラ風味 さん

    突然、家という遺産をもらうことになり、千葉に引っ越してきた母娘。家をもらうにあたっての家訓があり、その中に家宝を大切にという文がありました。家宝とは何か?おしゃればかりが気になるアンと、男の子みたいな陸は、反発しながらもいいコンビに。里見八犬伝にまつわるお話、面白かったです。昔の人の想いがわかった瞬間って感動。

  • 深青 さん

    お家に伝わる家宝を探るうちに、家や地域の歴史を紐解いていく事になって…歴史ミステリーだけど、ちょっとしたファンタジーでもありました。正反対の性格の二人が反発しあいながらも、真実に近づいていく様子が好きです。離れれば良いじゃん!なんて簡単に思っちゃいますが、良いコンビなんだと思います(笑)将来、親友と呼べる存在になるんじゃないか?

  • Norico さん

    読む本がなくて行った図書館で発見。歴史探偵、って言葉にやられます。男の子みたいで物知りな陸と、茅ヶ崎から引っ越してきたおしゃれにしか興味ないアンが、里見家のお宝を探す。結構面白かったので、続きも読んでみよう

  • 海戸 波斗 さん

    おもしろい!サクサク読めちゃう。嘘ですよ作り話ですよ。がよく分かって最高。もっと読みたいなぁ。小森香折さん読み物ありがとう。

  • harumi さん

    子供向けだけど歴史部分はしっかりしてて読み応えがあった。最後はちょっと感動も。読み物ではあるけど歴史や家系図の解説ページなんかがあってもよい感じ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品