袖と袖/むき玉子 河出文庫し3-10 性の秘本コレクション8

小栗風葉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309473536
ISBN 10 : 4309473539
フォーマット
出版社
発行年月
1998年04月
日本
追加情報
:
15cm,209p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • unknown さん

    尾崎紅葉門下の小栗風葉が執筆したと言われる明治末期の秘本『袖と袖』と、その続編『むき玉子』(作者不詳)。『袖と袖』は、資産家の長男を慕う従姉妹の想いを、女中が遂げさせる話を皮切りに、双頭の張型「千鳥」を用いてのレズセックス、近所の少年の筆おろし、無頼漢による寝取られ、トレイン・セックスなど、数人の男女の淫蕩が展開される。続く『むき玉子』は、前作のカップル二組の結婚後を描く。浮気により険悪な展開へともつれるも、最終的には夫婦二組がスワッピングを行うことで和解し、淫らな同居生活を送りめでたしめでたしで終わる。

  • だい さん

    明治40年頃の著作。三大艶書といわれる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品