先駆者ゴッホ 印象派を超えて現代へ

小林英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784622086451
ISBN 10 : 462208645X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;22

内容詳細

働く人々への崇敬、印象派の色使い、浮世絵との出会いと新たな平面性、そして自然の懐へ。絵画の時代の結節点に屹立するゴッホを、造形的要素と内面性表出から論じ尽くす。カラー100点収録。

目次 : 萌芽/ 抵抗と模索/ 次にやらなければならないこと/ 浮世絵との出会い/ 新天地で開花/ 太陽の謳歌/ 『寝室』まで/ 個性の衝突/ アルルを去るまで/ サン・レミの夏まで/ 発作の直前/ 見据える強い視線/ 内から発する光/ 回帰願望/ 進むべきか戻るべきか/ 旅立ち

【著者紹介】
小林英樹 : 1947年生まれ。画家、ゴッホを中心とした絵画研究。東京芸術大学油画専攻卒。大阪中の島美術学院講師、北海学園大学建築学科教授を経て、2006年より愛知県立芸術大学美術学部教授(2012年退官)。個展多数。著書:『ゴッホの遺言』(情報センター出版局、1999。第53回日本推理作家協会賞・評論その他部門受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 彼岸花 さん

    今までに、読んだゴッホ関連本の中では、より専門的でした。ほぼ独学で、自身の画法を確立した功績は大きいです。度重なる発作に襲われ、思うようにキャンバスに向かえず、悔いが残った事と思います。短すぎる活動期間ではありましたが…改めて言いたいのは、決して好奇な目で彼を見ないでほしいのです。作品は無限大です。自然と融合し、一体化した数々の名作を、静かに振り返ることができました。

  • 林克也 さん

    ゴッホの研究は面白いだろうな、楽しいだろうな、ねえ、小林さん。見て感じて調べて考えて推理して、いいなあ。楽しみは尽きないんでしょうね、ほんとうにうらやましい。たまに展覧会で見るだけ(見ることができるだけ)のヘタレオヤジの戯言でした。この本で、強い意志を持って”好き”に没入することの大切さを改めて気づかせてもらいました。

  • kaz さん

    「馬鈴薯を食べる人々」以前の作品も丁寧に紹介されていることが新鮮。他の図版集等では観たことのない作品も多い。ゴッホの作品の変化とその背景がよくわかる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品