写真で愉しむ 東京「水流」地形散歩 集英社新書

小林紀晴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210569
ISBN 10 : 4087210561
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;18

内容詳細

湧水、河岸段丘、調整池、人工河川……。
あらゆる地形の原点は水流にあり!

旅する写真家と地図研究家、地形マニアの聖地を徹底探訪

妙正寺川、神田川、渋谷川、日暮里崖線、国分寺崖線etc.

◆内容紹介◆
凹凸、暗渠、古地図、スリバチ……。地形を愉しむのは今や、NHKの人気番組『ブラタモリ』ばかりではない。とりわけ谷が多く風景の変化も著しい東京は、土地のなりたちに親しみ、移ろいを愛する者にとっての聖地とも言える。本書では、旅する写真家と鉄道・地形ファンが信頼する地図研究家が、異色のコラボで東京の「水流」に挑戦! あらゆる地形の原点とも言える、最大の「謎」に迫る。
大判カメラで撮影したモノクロの「古地形」が哀愁を誘う一冊。

◆目次◆
まえがき 私は縄文人、未来の東京を日々撮影している 小林紀晴 
第一章 水の力、太古からの流れ──中野区弥生町
〈解説〉宅地化に追いつかなかった河川改修
第二章 地下に現れた「神殿」と「測量の人」──善福寺川
〈解説〉激動の昭和戦前史を思う
第三章 幻の土手とのどかな風景──神田川を東中野付近から下流へ
〈解説〉ヨドバシカメラの起源
第四章 暗渠の魅力と洪水対策のグラウンド──妙正寺川(1)
第五章 文豪の暮らしと「気の毒」が募る寺──妙正寺川(2)
〈解説〉結核療養の歴史
第六章 土地はどのようにして人を受け容れるのか──日暮里崖線
〈解説〉「詐称地名」
第七章 発展する都市が目を背けた川──渋谷川
〈解説〉「狭まっている地形」の名前
第八章 崖から一路、コンクリへ──国分寺崖線
〈解説〉河岸段丘のつくられ方
第九章 人工河川の魅力──小名木川
〈解説〉「本邦初」が目白押しの土地
第一〇章 映画の聖地と縄文海進──四谷・鮫河橋谷
〈解説〉冷たい湧水と四つの谷
第一一章 湿った土地に集う人々──四谷荒木町
〈解説〉スリバチの聖地
第一二章 意識にのぼらない、しかし、長い──石神井川
〈解説〉やけに風流な「名残川」
あとがき 今尾恵介

◆著者略歴◆
小林 紀晴(こばやし きせい)
1968年、長野県生まれ。写真家。東京工芸大学芸術学部写真学科教授。著書に『写真学生』『days new york』『メモワール』『kemonomichi』『ニッポンの奇祭』『見知らぬ記憶』など多数。1997年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞、2013年、第22回林忠彦賞を受賞。

今尾 恵介(いまお けいすけ)
1959年、神奈川県生まれ。地図研究家。一般財団法人日本地図センター客員研究員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査。


【著者紹介】
小林紀晴 : 1968年、長野県生まれ。写真家。東京工芸大学写真学科教授。1997年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞、2013年、第二十二回林忠彦賞を受賞

今尾恵介 : 1959年、神奈川県生まれ。地図研究家。一般財団法人日本地図センター客員研究員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mochizo さん

    東京に住んでいると、思っている以上に起伏が激しいと感じることはあります。これが川の形成時に削られた後であったという事を思うと、坂道が多い事もまた理解できます。そんな水流を感じることができる本です。個人的には石神井川が家の近所なので、この件が中々面白かったですね。王子駅の工事ミスで下水配管を石神井川に40年間も垂れ流していたという事実も。

  • Makoto Miyamura さん

    かつては存在していた川、暗渠になって人の目に触れなくなった川を地形図を見ながら痕跡を辿っていきます。 地形図がただあるだけなので、文章と地形図を見比べるのが慣れないと大変です。 逆に地図好きな人には地図上で自分も一緒に彷徨えるというマニア的な楽しみ方もできます!

  • yoshiyuki okada さん

    東京川散歩にはずせない場所が厳選されている!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林紀晴

1968年、長野県生まれ。写真家。東京工芸大学写真学科教授。1997年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞、2013年、第二十二回林忠彦賞を受賞

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品