相続税申告で迷いがちな債権・債務 法務・税務の取扱いと留意点

小林磨寿美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784433522346
ISBN 10 : 4433522341
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
286p;21

内容詳細

相続税額に影響を及ぼす債権・債務の帰属・評価・準確定申告そのポイントを徹底理解!

目次 : 第1章 被相続人等に係る債権・債務の民法的問題と税務(相続において承継される債権・債務の範囲/ 相続放棄/ 限定承認)/ 第2章 被相続人に係る債務の取扱い(債務控除/ 債務の評価)/ 第3章 被相続人に係る債権の評価(債権と民法/ 債権の評価)/ 第4章 同族株式の評価における債権・債務の取扱い(債権・債務の取扱いの原則/ 債権の取扱い/ 債務の取扱い)/ 第5章 債権・債務と準確定申告等(医療費控除との関係/ 不動産所得がある場合)

【著者紹介】
小林磨寿美 : 税理士。東京地方税理士会税法研究所研究員。青山学院大学大学院法学研究科(ビジネス法務専攻科)非常勤講師。昭和55年3月横浜国立大学経営学部卒業。平成8年7月税理士登録。平成13年6月〜小林磨寿美税理士事務所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林磨寿美

福岡県立小倉高等学校、横浜国立大学経営学部卒業。コンピュータソフトウエア会社にてシステムエンジニアとして勤務後、方向転換し税理士資格取得。2001年、小林磨寿美税理士事務所を開設。東京地方税理士会税法研究所研究員、一般社団法人FIC(税制研究所)理事、青山学院大学大学院ビジネス法学科非常勤講師(本デ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品