左官礼讃 2

小林澄夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784883441716
ISBN 10 : 4883441717
フォーマット
出版社
発行年月
2009年05月
日本
追加情報
:
20cm,271p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メルセ・ひすい さん

    12. 97 チベットのストーパは白土にヤクの乳をまぜ、そこに砂糖をいれ上からかける! なめると甘ーい!  なんか・・暗いのがいい・・ん 灰小屋 田んぼのひび割れ ナマコ壁 土塀 陶土荘家 納屋 土間 なんか・・ぜんぜん分かんないんだけれど いい! 土に水が入って泥になる。泥の水分が抜けて壁になる。土と水の満ちひき。それをうまく言葉にするメッセンジャー、それが左官の仕事。職人とその仕事への優しい眼ざしと、近代建築と建築家への苦言を通して、潤いの文明を探る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林澄夫

1943年静岡県浜松市出身。1968年から2007年まで月刊『左官教室』(黒潮社)を編集。2008年から2009年まで月刊『さかん』編集長

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品