ライオンのおやつ

小川糸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591160022
ISBN 10 : 4591160025
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
255p;20

内容詳細

余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。毎日をもっと大切にしたくなる物語。

【著者紹介】
小川糸 : 1973年生まれ。2008年『食堂かたつむり』でデビュー。2010年に映画化され、2011年にイタリアのバンカレッラ賞、2013年にフランスのウジェニー・ブラジエ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のぶ さん

    この本は小川糸版「生きる」だと思った。33歳して余命を告げられた主人公の海野雫は、瀬戸内の島のホスピスで残りの日々を過ごすことを決め、穏やかな景色の中、本当にしたかったことを考える。そこで出会った人たちとの交流が描かれるのだが、それは決して暗いものではなく、温かく生きる事の意義を感じさせるものだった。入居者がリクエストできる「おやつの時間」があるのだが、そこで選び出すものがどんなものであるのか、自分なら何を選ぶだろう?いろいろな事を思いながら、生きている事、死んでいく事のあり方を考えさせられた。

  • おしゃべりメガネ さん

    やっぱり予想通り'泣ける'ヤツでした。人前で読んではアカンやつでした。33歳にして、余命を告げられた「雫」は限られた残りの日々を瀬戸内の島にあるホスピスで過ごすコトに。そのホスピスでは毎週日曜日の3時になると、入居者がこれまでの人生の中で食べた思い出の'おやつ'をリクエストすることができます。リクエストされるおやつはどれもステキな思い出ばかりで、ほっこりします。ホスピスで暮らす愛犬?「六花」と共に残りの日々をしっかりと生きていく「雫」の姿に涙が止まりませんでした。人生最後に食べたい'おやつ'は何ですか?

  • buchipanda3 さん

    とても辛いことが描かれているのに、哀しい気持ちだけじゃなく、心をふわっと鼓舞されているような感覚にも包まれた。それは、食べたり、匂いを嗅いだり、息を思い切り吸ったり、そして触れたりといったことが、優しく丁寧に表現されていて、主人公の雫からそういった生きていることを素直に実感することが大切なんだよって言われているように感じられたからかも。子供の頃はそういったものを無邪気に受け入れていただろうし、おやつを前にすると子供の頃の気持ちが、ふと甦るのも分かる気がした。おやつは心の栄養、人生へのご褒美、なるほどなあ。

  • ゆみねこ さん

    余命を告げられた海野雫は、瀬戸内のホスピスで残りの日々を過ごすことを決めた。読んでいるうちに泣けて泣けて。いつかは訪れるその日に向かって生きる。とても深い物語でした。今年読んだ本の中で、ベスト10に入る1冊。お薦めです。

  • bunmei さん

    私の身近に、この物語に出てくる百ちゃんのような小学校3年生の女の子がいます。余命宣告を受けながら、現在も明るく生活をしています。でも、普通の学校生活は送れず、保健室登校をしているそうです。ちょっぴりおしゃまで、生意気な所はありますが、おしゃべり好きな素敵な女の子です。辛い治療によって体の各所に副作用も出ていますが、健気に泣き言を言わない彼女を見ていると、こちらが勇気と元気を貰い、思わず微笑んでしまいます。これからも彼女には、生きることに思いっきり我が儘になって欲しいし、執着して欲しいと願っています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小川糸

作家。デビュー作『食堂かたつむり』が、大ベストセラーとなる。『ツバキ文具店』は、2017年本屋大賞四位を受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品