スタートライン 始まりをめぐる19の物語 幻冬舎文庫

小川糸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344414532
ISBN 10 : 4344414535
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,220p

商品説明

彼の浮気に気づいた花嫁、急に大人になった少女、別れ話をされた女、妻を置いて旅に出た男…。何かが終わっても「始まり」は再びやってくる。「変わりたい」「やり直したい」と思った瞬間、それがあなたのスタートライン。恋の予感、家族の再生、衝撃の出会い、人生の再出発─。日常に訪れる小さな“始まり”の場面を掬った、希望に溢れる掌編集。

内容詳細

彼の浮気に気づいた花嫁、急に大人になった少女、別れ話をされた女、妻を置いて旅に出た男…。何かが終わっても「始まり」は再びやってくる。「変わりたい」「やり直したい」と思った瞬間、それがあなたのスタートライン。恋の予感、家族の再生、衝撃の出会い、人生の再出発―。日常に訪れる小さな“始まり”の場面を掬った、希望に溢れる掌編集。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • irodori さん

    『始まり』をテーマとして、19名の作家の話を集めたアンソロジー集です。あまりにも短すぎて物足りない話も多いですが、中途半端な話もありましたが、『始まり』って何気ない日常にたくさん転がってるんだなと思いました。でも、欲を言えばやっぱり長編で読みたいものです(^^)

  • nanasi さん

    短編が19編収録されています。カバーデザインは山本智香子さんです。恒川光太郎さんの「海辺の別荘で」と中田永一さんの「恋する交差点」が良かったです。

  • タカユキ さん

    超豪華な作家陣による「スタート」にまつわる短編集。大好きな万城目さん目当てで最初に読んでしまった!タイトルは「魔コごろし」!!なんとなくタイトルからしてもオチは早くから読める感じですが、やっぱり笑わせてくれます!流石です!!そして宮木あや子さんの「会心幕張」の突き抜け方は嫌いじゃない。むしろ好き!そして最後の小川糸さんの「パパミルク」でシッカリと泣かせてくれます!不器用な父と娘の物語。温かい気持ちと哀しい気持ちが交差する!人生は終わりと始まりの繰り返し。終わりに気づく事が大切なのかも知れないと感じました。

  • みのゆかパパ@ぼちぼち読んでます さん

    19人の作家による“始まり”をテーマにした掌編集。お目当ては中田作品だったが、個人的ベストは初読みの光原作品。ふるさとの祭りの情景を通じて父の姿を思い起こし、新たな一歩を踏み出していく女性の、その変化する一瞬のあたたかさを見事に切り取り、“始まり”にふさわしい希望で包んでくれるような良作だった。ただ、全体としては、それぞれ10ページ前後という短さゆえに良くも悪くもさらりと読めてしまい、振り返ってみるとあまり印象に残っていない。意表をついてきた宮木、万城目の両作品には別の意味での印象深さがあったのですが…。

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    「始まり」を題材にしたアンソロジーです。19人の作家さんが書かれている為、一人あたり10ページ前後。その為残念ながらアタリハズレがありました。取引先への出張帰りに立ち寄った見知らぬ街で、何故かその街のことを「知っている」ような気がした「街の記憶/三崎亜記著」。東京のスクランブル交差点で彼と不思議な出会い方をした二人でしたが・・「恋する交差点/中田永一著」の話が好き。どちらの話もちょっと切ない感じが好き。ライブの終わりに理想の女性と出会った「会心幕張/宮木あや子著」はある意味宮木さん全開ですね(苦笑)★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小川糸

作家。デビュー作『食堂かたつむり』が、大ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド