日本改革原案2050 競争力ある福祉国家へ

小川淳也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309231426
ISBN 10 : 430923142X
フォーマット
出版社
発行年月
2023年10月
日本
追加情報
:
312p;19

内容詳細

目指すべきは、「世界初、1億人サイズ、投票率90%」の「競争力ある福祉国家」である。「持続可能性の時代」に問う、第三の国家ビジョン。

目次 : 1 新たな国家ビジョンで闘う(閉塞感の正体/ 闘うべき相手/ 第三の国家ビジョン)/ 2 三つの革命(生涯現役/ 列島開放/ 環境革命)/ 3 国を整え世界を変える(国を整える/ 世界の変革を主導する/ 最後に)

【著者紹介】
小川淳也 : 1971年香川県高松市生まれ。高松高校、東京大学法学部卒業。自治省に入省後、沖縄県庁、自治体国際化協会ロンドン事務所、春日井市役所などを経て衆議院選挙出馬のため退職。2003年民主党より香川一区で立候補するも惜敗。2005年初当選、現在衆議院議員六期目。2009年9月〜2010年9月総務大臣政務官、2010年11月より国土審議会離島振興対策分科会会長。早くから、人口問題が日本に突きつけられた最大の課題と考え、持続可能でフラットな社会づくりを訴え続ける。2020年ドキュメント映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」で注目される。立憲民主党政務調査会長、税制調査会会長、新型コロナ対策本部長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みじんこ さん

    今後の人口構成の変化および減少は、国としての持続可能性を考える上で改めて深刻な問題だと思わされる。人口増と経済成長が続いていた昔の時代から考え方を転換する必要があるのもその通りと思う。増税の代わりに反対給付など、考え方としては理解はできる。雇用関係での規制緩和、列島開放やエネルギー政策(核融合は本当に実現できれば画期的)等様々な提案を行っているが、著者自身も述べているようにどれも長いスパンでの議論と改革が必要であるし、国民の政治への信頼(これは野党への信頼の面もあると思う)がなければ実現困難な課題である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小川淳也

1971年香川県高松市生まれ。高松高校、東京大学法学部卒業。自治省に入省後、沖縄県庁、自治体国際化協会ロンドン事務所、春日井市役所などを経て衆議院選挙出馬のため退職。2003年民主党より香川一区で立候補するも惜敗。2005年初当選、現在衆議院議員六期目。2009年9月〜2010年9月総務大臣政務官、

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品