ダイヤのA act2 8 週刊少年マガジンKC

寺嶋裕二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065100363
ISBN 10 : 4065100364
フォーマット
出版社
発売日
2017年07月14日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
196p;18

内容詳細

全国各地で強豪同士が激突する、5月の大型連休。夏前の調整として、青道高校も他校との練習試合に明け暮れる。連休2日目の対戦相手は、プロ注目の好打者・美馬を擁する、甲子園常連校の群馬・白龍高校。俊足揃いの超機動力野球に、先発・沢村が立ち向かう。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くりり さん

    沢村の活躍、一球一球を丁寧に、幾種類もの変化球を巧みに投げ分ける。そして、それを見て苦悩する降谷。これからだ!

  • wata さん

    沢村覚醒!?1球をとても大事に確実に、暴走することなく御幸捕手と素晴らしいピッチング!♪「栄光に近道なし」「俺の場所」は、このまま確立できるのかなぁ。

  • はるき さん

    進級して、投手として化けつつある栄純。頼もしくもあり、一抹の寂しさもあります。ライバル降谷の不調が、リアルだけど少年誌的にはツマラナイかな…いやいや、今後の巻き返しに期待します!

  • 柏バカ一代 さん

    沢村が先発する試合。機動力が売りのチームで初回いきなり2、3塁のピンチ。それを連続三振で切り抜ける。その裏には1、2番コンビで1点先制。それに比べて降谷は投げれない事によって気持ちが切れている状態でツーベースヒットを暴走して懲罰交代されてしまう。沢村はそのまま安定した投球を続けるが、リードを大きく取られると思いっきり大声で「リードデケェ!!」と叫んだり、意味のわからないアピールをしたりする事は忘れないwそして、試合は1失点するも1-3で青道の勝ちで終わる。沢村は無駄な四死球が無く安定して練習試合は終わる。

  • ソラ さん

    2期入ってから一番熱いかも。沢村の活躍も良いんだけど、やっぱ苦悩する降谷の一皮むけた姿も見たい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

寺嶋裕二に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品