いじめられたお姫さま 中将姫物語

寮美千子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907542597
ISBN 10 : 4907542593
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
72p;23

内容詳細

むかしむかし、大臣の娘として生まれた中将姫。小さい頃に母親を亡くし、その後新しいお母さんと幸せに暮らしていました。ある日、帝の前でお琴を見事に演奏し、とてもほめられた中将姫。すると、その姿を見たお母さんの中に、嫉妬の炎が燃えはじめます。そして弟が生まれると、お母さんは恐ろしい計画を企てるのでした―。歌舞伎、講談、人形浄瑠璃など、かつてさまざまな形で語られていた名作を、子どものための読み物に。

【著者紹介】
寮美千子 : 作家・詩人。1955年、東京に生まれ、千葉に育つ。1986年、毎日童話新人賞受賞。2005年、長編小説『楽園の島』で泉鏡花文学賞受賞、翌年奈良に移住

上村恭子 : イラストレーター。1977年、奈良市に生まれる。奈良芸術短期大学日本画コース卒業。夫の出家に伴い、2016年より下北山のお寺に移住、寺嫁として奮闘中。奈良市にて仲間たちと奈良グッズの店「フルコト」を運営。奈良の文化のすばらしさを伝える活動に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    死ぬことがハッピーエンドだなんて、衝撃的な物語です。 生い立ちから数奇な運命を背負ってしまった中将姫は、実母を喪った後、継母の嫉妬のために不幸を抱えて生きることになりました。 展開は白雪姫にも近いものを感じますが、仏教を中心にして、発想はあくまで日本的な物語です。 なんだか甘さと切なさにジーンとしてしまいました。

  • もも助 さん

    中将姫の物語は昭和の中頃までは誰もが知っていたと解説には書かれているものの、私は初めて知った。「當麻曼荼羅縁起」を語り継ぐうちに様々な話が加わったものとのこと。中将姫の信心の深さや、いじめられた継母の幸せさえも祈る優しさに心打たれる。阿弥陀様に導かれて姫が極楽に行ったように、やはり自分も生き方を見直し、いつかまた極楽で亡くなった両親に会いたいものだなあと思わされた。

  • チタカアオイ さん

    【図書館】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

寮美千子

1955年、東京生まれ。1986年、毎日童話新人賞受賞。2005年、泉鏡花文学賞を受賞。翌年、奈良市に移住。刑務所の名煉瓦建築を見に行ったことがきっかけで、2007年から足かけ10年、奈良少年刑務所で、夫の松永洋介とともに「社会性涵養プログラム」の外部講師として絵本と詩の授業を受け持つ。2014年、

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品