機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 下 角川スニーカー文庫

富野由悠季

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784044101336
ISBN 10 : 4044101337
フォーマット
出版社
発行年月
1990年04月
日本
追加情報
:
15cm,221p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Die-Go さん

    図書館本。約30年振りの再読。何となく読みたくなって読み始めたはいいが、はまってしまって連日夜更かし。「シャアの反乱」をくぐり抜けたハサウェイ・ノアがΞ(クスイー)ガンダムを駆り、反地球連邦政府の先鋒となって戦う。結末は覚えていたが、そこに至る過程はこんなにも早く来るとは思ってなくて、唖然。映像化して欲しいけど、宇宙戦がないからちょっと地味になっちゃうかな。。。★★★★☆

  • 『よ♪』 さん

    今度のガンダムは嘗てないほどの悲劇だ──"人類が汚染した地球にはもう人が住んではいけない" これが物語の主軸だが描かれるのは政府閣僚の杜撰さ、身勝手な特権階級意識、一般人との感覚の齟齬。エリート官僚の頭の良さと実行力の無さ、そして忖度。低い環境意識。全て現実社会に蔓延る姿の投影。閣僚の地球居住権拡大の決議をするアデレート会議。テロリストはこれを襲撃、殲滅する作戦を開始する。心理の裏をかく奇襲作戦が成功したが…。作戦後の悲劇、最後の70頁。再読で内容も結末も知っていた。それでも一気読みだった。

  • MICK KICHI さん

    ファーストから続くサーガも一旦の幕を引いた本作。ニュータイプの概念から離れて、地球圏内でのマフティー動乱に集約したストーリー展開。悲劇を常に纏わされたノア家の運命を描きながら、宇宙世代になっても尚、皮相な階級意識しか持たない人類へアイロニーを強く感じる。ハサウェイの潔い生き方がそれだけ際立って見えるのが哀しい。

  • マリリン さん

    思わぬ結末が待っていた。戦いは何を意味するのか、何を求めるのか。ハサウェイも、父であるブライト・ノアも、ケネスも、現実を受け止め…。悲しい結末だが後味は悪くない。「逆襲のシャア」も読んでみたい。

  • LUNE MER さん

    なんだろう、この読後感。主人公ハサウェイがテロリストであるということ自体が、彼について意見を述べることへの障壁になる。ラストの救われない気分。ブライト、一年戦争の時から大人の都合やニュータイプに振り回され、ある意味で我々が寄り添う視線を代弁するような立ち位置にいたこのキャラクターが余りにも救われない。読んでよかったか?と言われると、読んでよかったと即答するけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

富野由悠季

1941年、神奈川県小田原生まれ。アニメーション映画監督、小説家。日本大学芸術学部映画学科卒。64年、虫プロダクションへ入社。『鉄腕アトム』の脚本・演出を手掛けた後、フリーに。以後TVアニメの原作・総監督として『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』他、数多くの名作を生む。また斧谷稔の名義で絵コンテ

プロフィール詳細へ

富野由悠季に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド