魔術はささやく 新潮文庫

宮部みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101369112
ISBN 10 : 4101369119
フォーマット
出版社
発行年月
1993年01月
日本
追加情報
:
16cm,476p

内容詳細

それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた…。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。

【著者紹介】
宮部みゆき : 1960(昭和35)年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。’97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。’99年には『理由』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
私たちの日常を舞台にしたミステリならば、...

投稿日:2013/01/22 (火)

私たちの日常を舞台にしたミステリならば、トリックにも科学的な根拠がほしいし、リアリティがなければ冷めてしまうのですが、一般には諾々として受け入れがたい催眠などの要素を取り入れても、読ませてしまうのが作者の凄さなのでしょうね。登場人物の心理について、やや違和感を感じる部分もありましたが、冒頭からスリリングで、社会現象を描くだけでなく人物の心の動きをしっかり描く、一定水準を保って最後まで読ませてしまう作者の力を感じました。

peko-rock さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    なんとも足が地についた小説だ。通常新聞で三行記事として処理される瑣末な女性の自殺事件、そして交通事故。毎日洪水のように報道される数多の情報に埋没されてしまう事件はしかし、当事者には暗い翳を落とすのだ。たとえ事件が解決されても、適切に処理されても被害者、加害者の双方には一生消えない心の傷を残す。そんな誰もがいつ陥ってもおかしくない状況を一般市民の、当事者の視座から宮部氏はしっかりと描く。それに加え、主人公を務める日下守という少年の造形が素晴らしい。途中まで傑作だと思っていたが、あの真相で引いてしまった。残念

  • 遥かなる想い さん

    ひとりの少年が、犯罪を追求していくうちに 悩み・成長していく話は理屈なしに面白い。1989年日本推理サスペンス大賞で、良質のミステリー。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    やや暗い話題が多い。錠前破りという負の技術を伝承する祖父と孫。父親は犯罪で槍玉。寄宿先の親戚の大黒柱が交通事故死の加害者。現代社会の悩みを描写している。いたるところで宮部みゆきらしい心温まる人達が登場するのが救い。著者の分身。主人公は宮部みゆきの理想の男性かも。理想高過。

  • yoshida さん

    再読です。無事故のタクシー運転手だった主人公の伯父が、深夜に交通事故に遭う。突然の若い女性の飛び出し。何かから逃げるように飛び出した女性は亡くなる。主人公は目撃者を探すうちに、若い女性達の連続する自死に行き当たる。彼女達に共通する、人の心を弄んだ罪。残る標的の女性を追う主人公は事件の闇と、生き別れた父の存在に気付く。宮部みゆきさんならではの人の悪意の描写。人の心を弄ぶことに麻痺する心理が、丹念に描かれる。そして隠されていたもう一つの事件。揺れる主人公の心。見事な伏線の回収。時は過ぎても色褪せない作品。

  • 扉のこちら側 さん

    初読。2004年頃。解説でネタばれ感があるが、物語の頂点を事件解決以後に持ってきたところがすごい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮部みゆき

1960年、東京生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、92年、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年、『理由』で直木賞、2001年、『模倣犯』で毎日出版文化賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品