ソロモンの偽証 第1部 事件

宮部みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103750109
ISBN 10 : 4103750103
フォーマット
出版社
発行年月
2012年08月
日本
追加情報
:
741p;20

内容詳細

さぁ、命を賭けたゲームの始まりです。


構想15年、連載9年、作家生活25年の集大成。
宮部みゆき、最新長編現代ミステリー!


クリスマスの朝、雪の校庭で産声を上げたしたたかな悪意。死を賭けたゲームはもう始まっていた! 噂に揺れ、差出人不明の告発状に揺れる校舎。次なる犠牲者が出るに及んで恐慌は頂点に達した……。五年ぶりの現代ミステリー全三巻、ついに刊行開始。




【著者紹介】
宮部みゆき : 1960年、東京生れ。’87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。’93年『火車』で山本周五郎賞を受賞。’97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。’99年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、’02年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
流石というと宮部さんには失礼だけれど、そ...

投稿日:2012/12/07 (金)

流石というと宮部さんには失礼だけれど、その筆の力には感嘆いたします。登場する人物の多さにもかかわらず、くっきりとそれぞれの人物が描かれていく文章力はこの作家の得意とするところですが、この作品でもそれは発揮されております。長い小説をだらけず、ぶれずにぐいぐい引き込んでいく展開は寝る間も惜しいほどです。こんな中学生が現実にいるかなあと思わないわけではないけれど、そこは筆の力で簡単に乗り越えています。そして小説に欠かせない『説』が内包されていますから、まさしく小説になっているというわけです。

youone さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
登場人物が多いが、一人ひとりの性格や個性...

投稿日:2012/10/06 (土)

登場人物が多いが、一人ひとりの性格や個性が分かりやすく描かれており、話しもそれぞれの人物の視点で展開していき、流石は宮部みゆきです。テ−マが今の時代の問題を取り上げているし、だれる事なく741pを読破できます。全3部作ですが早く2部が読みたくなります。これはおすすめの作品です。

活字中毒 さん | 山梨県 | 不明

1

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    このミスの2012年度第二位。 宮部みゆきが描く現代 ミステリー。 9年もの長きに渡り、 連載していたものを 再構築したらしい。 事件はクリスマスに 一人の少年の死から 始まるが、一気に 読ませるのはさすがに 宮部みゆきの筆力だろう。 学校におけるいじめと 複雑な人間関係。 14歳が持つ危うげな世界を 描きながら、まわりで 戸惑う大人も同時に きちんと書ききっている。 まだ一部。どう展開させて いくのだろう、楽しみ。

  • どんちん さん

    宮部みゆき、乗り越えなければならない2つの壁!模倣犯とソロモンの偽証!この長編をどう攻略するか。模倣犯を先にクリアし、最後の壁に挑戦wという意気込みで読み始めた。登場人物の背景的な話題で終わってしまった感があるが、事件関係者の背後の巻とすれば、そんなものかな。もっとも、この分厚さになるほど引張ることもないと思うがw 告発状を破ったかどうかなんて、すぐに誰かがポストから抜いたって疑うものなのになぁ。小学生だって、言い訳で誰かが抜いたんだ!っていうと思うがw これがこの第T部が長引いた最たる理由かな。

  • emico さん

    3部作の長編の第1部。その為、まだまだ序盤戦といった感じです。ここからどう展開していくのか非常に楽しみです。1冊が700ページ越えですが、先に先に読み進めさせてくれる文章で、飽きずにどんどんと読み進めることが出来ました。そして1冊めが終わった今、続きが非常に気になるところです。

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火 さん

    最も謎の存在は死亡した柏木卓也。兄をして「あんなバカどもに殺されるタマじゃない。卓也が誰かを顔色ひとつ変えず殺したというならわかる」と言わせ、涼子にも「大出なんかに操られるタマではない。彼には「知性」があったと言わしめる卓也。見つからない彼の日記には何が綴られているのか。そして滑らかな顎の輪郭と、すっきり通った鼻筋。女の子のように綺麗な顔立ちをした謎の中学生。卓也の死から始まる負の連鎖から、友の力で辛うじて逃れた野田健一。父母殺害の計画におのれの醜悪な顔を、対岸を、見てしまった健一に、卓也と塾で→続く

  • めろんラブ  さん

    現代社会の澱みに巣食う奴ら。そいつらの悪意に巻き込まれいたぶられるのは、なにがしかの弱者。奴らを断じたところで何も変わらない。澱みにメスを入れない限り・・・。本作は宮部さんお家芸の社会派ミステリー。同ジャンルには『火車』『理由』『摸倣犯』と、言わずもがなの傑作揃い。時代を巧みにすくい取り、事件を絡める手法には抜群の安定感が。登場人物と引き起こされた事件が必然性と説得力を持って怒涛の如く迫り来る。第T部はプロローグの感。タイトルに迫るのは第U部以降か。希代のストーリーテラーに高まる期待は青天井。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮部みゆき

1960年、東京生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、92年、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年、『理由』で直木賞、2001年、『模倣犯』で毎日出版文化賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド