きたきた捕物帖

宮部みゆき

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569846941
ISBN 10 : 4569846947
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
追加情報
:
363p;19

内容詳細

親分の跡を継いで岡っ引きたらんとする北一が、相棒・喜多次や親分のおかみさんの力を借りて成長し、事件を解決していく新シリーズ。


宮部みゆき、久々の新シリーズ始動! 謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。

 舞台は江戸深川。いまだ下っ端で、岡っ引きの見習いでしかない北一(16歳)は、亡くなった千吉親分の本業だった文庫売り(本や小間物を入れる箱を売る商売)で生計を立てている。やがて自前の文庫をつくり、売ることができる日を夢見て……。

 本書は、ちょっと気弱な主人公・北一が、やがて相棒となる喜多次と出逢い、親分のおかみさんや周りの人たちの協力を得て、事件や不思議な出来事を解き明かしつつ、成長していく物語。

 北一が住んでいるのは、『桜ほうさら』の主人公・笙之介が住んでいた富勘長屋。さらに『<完本>初ものがたり』に登場する謎の稲荷寿司屋の正体も明らかになるなど、宮部ファンにとってはたまらない仕掛けが散りばめられているのだ。

 今の社会に漂う閉塞感を吹き飛ばしてくれる、痛快で読み応えのある時代ミステリー。

【著者紹介】
宮部みゆき : 1960年、東京生まれ。87年、「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、92年、『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年、『火車』で山本周五郎賞、97年、『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年、『理由』で直木賞、2001年、『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、02年に同書で司馬遼太郎賞、07年、『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
宮部みゆきさんの得意な人間の情緒表現×江...

投稿日:2021/07/25 (日)

宮部みゆきさんの得意な人間の情緒表現×江戸文化が惜しみ無く発揮された作品でした 現時点では謎の部分も多いので次回作が楽しみです

A.Y さん | 愛知県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    宮部 みゆきは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 著者の得意分野、時代ライトミステリの新シリーズでした。宮部 みゆき史上、最も貧相(10代で若いのに髪からして心もとない)な主人公ですが、シリーズ展開の中でドンドン成長していくのでしょうか? https://www.php.co.jp/kitakitamiyabe/

  • 海猫 さん

    4話収録の捕物帖新シリーズ開幕編。文章がユーモラスでふんわりした雰囲気があり、各話の謎が奇妙で興味を惹かれる。そして親分を亡くした少年、北一の成長物語でもある内容。もう一人の主人公の喜多次は身上が謎めいているし、北一との仲はこれから深まるといったところ。千吉親分が第一話冒頭で亡くなっていながら、読めば読むほど生前の人物像が立ち上がってくるなど、舌を巻く巧さ。おかみさんが盲目なのに安楽椅子探偵のごとく謎解きしたり、その他の人物配置も手堅い。といった塩梅でこれは確実に話数を重ねるほど、面白くなる作品だと思う。

  • ひさか さん

    月刊文庫文蔵2018年6月号〜2020年4月号の連載に加筆修正して2020年6月PHP研究所から刊行。ふぐと福笑い、双六神隠し、だんまり用心棒、冥土の花嫁の4つの連作短編。帯に「二人のきたさん」が登場するようなことが書いてあったので、二人目は誰かと気にしながら読み進めました。3話目で登場でした。登場する人逹が面白く、興味深い事件と推理が楽しいです。

  • のり さん

    皆に慕われていた文庫屋兼岡っ引きの親分が突然亡くなり、跡目を含め話合いに…「北一」は3歳の時に迷子になり親分に育てられた一番下の子分でもある。文庫屋(読本を入れる箱)は一番上の子分夫婦が継ぐことになるが、その嫁が…北一は寡婦となった「松葉」(盲目)に仕えながら文庫の振り売りを生業とし、次々とおきる事件を通して成長していく。助力してくれる面々にも惹かれる。それにしても松葉の千里眼と耳の早さには驚く。人情劇満載。

  • タツ フカガワ さん

    名うての岡っ引千吉親分が急死。手下だった16歳の北一はひとりで生きることに。しかし、周りで起きる奇妙な事件に関わっていくことになる。千吉親分の恋女房で目の見えない松葉や、旗本屋敷の用人青海新兵衛、おんぼろ湯屋の釜焚き喜多次ら、魅力的な脇役もいっぱい。それに北一の住まいは『桜ほうさら』と同じ富勘長屋で、差配人富勘はここでも大活躍。また『ぼんくら』シリーズの政五郎親分の名前が出てきたり、『〈完本〉初ものがたり』の稲荷寿司屋台の主人の正体の一端が明らかになったりなど、楽しい読書でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品