魔女の宅急便 シネマ・コミック 5 文春ジブリ文庫

宮崎駿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784168121043
ISBN 10 : 4168121046
フォーマット
出版社
発行年月
2014年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
448p;15

内容詳細

13歳の満月の晩、魔女のキキは修行のために相棒の黒猫ジジを連れて旅に出る。たどり着いたコリコの街で、“空飛ぶ宅急便屋さん”をはじめるキキ。人々との出会い、交流を経て、悩みながらも少女は成長してゆく―。宮崎駿監督作品ならではの飛行シーンや、美しく繊細な背景美術もじっくりと楽しめる完全新編集の文庫版コミック。

【著者紹介】
宮崎駿 : 1941年東京生まれ。学習院大学卒業後の1963年、東映動画に入社。その後いくつかのプロダクションを経て、1979年「ルパン三世カリオストロの城」で劇場映画監督デビュー。84年には個人事務所、二馬力を設立、85年、スタジオジブリの設立に参加。01年の「千と千尋の神隠し」は、アカデミー賞長編アニメーション映画部門賞やベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。2013年9月に引退を発表した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あーさん☆『薬屋』と『本好き』推す!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠) さん

    ジジが落ちた〜!

  • 参謀 さん

    やっぱり大きな赤いリボンが可愛いです。少女の成長を描くと共にお仕事映画でもあるんですよね。これは絶対義務教育が終わるまでに見ておいたほうがいいです。なんといってもストーリーが素晴らしい!親元を離れて知らない街で、自分1人(+猫)で仕事をしながら、生活をする。もちろん最初はうまくいかないし、挫折もする。でも少しずつ街の人達と交流できるようになり、ラストの救出劇。パーフェクトです!OPの入り方も秀逸ですよね。OPで歌があるのは珍しいです。そして何と言っても風の描写がたまりません。超がつく名作!

  • 田中タイガ さん

    【3年生】30分でいっきよみ。公文のG教材(6年生)で出てきたから読んでみたかった。ジジがところどころおもしろい。

  • 魔女のキキ さん

    再読。アニメも何度も見ているけれど本だとまた違う味わいがあって良いです。13歳であんなに頑張れるキキはえらい。魅力的な登場人物がたくさんで何度でも読みたくなってしまいます。少女のような心を持ったおばあさんバーサが結構お気に入り。

  • ナナ さん

    初めて観たときから、キキの降り立った街の色彩がまばゆく焼き付いていたけれど、シネマ・コミックシリーズの中でも映像の美しさが凝縮されていると思う:)キキが思わず「ステキ...」と呟く凪いだ海や、ウルスラのあの絵(大好きです!)を手元で見られるのが幸せ♪ ウルスラとの会話、”描けなくなったときどうするか”...説得力がありすぎて、つかえた塊がこみ上げるよう。改めて、挫折とそこからの力の限りの復活が描かれている所が魅力だなと感じた。 キキが力を失った時、大切な時に現れる女性たち、友人、トンボ、本当に魅力的:)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮崎駿

アニメーション映画監督。1941年東京都生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)入社。退社後1979年に「ルパン三世 カリオストロの城」で劇場作品を初監督。1984年には「風の谷のナウシカ」を発表。1985年にスタジオジブリの設立に参加

プロフィール詳細へ

宮崎駿に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品