風の谷のナウシカ 6 アニメージュ・コミックス・ワイド版

宮崎駿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784197731206
ISBN 10 : 4197731205
フォーマット
出版社
発行年月
1993年11月
日本
追加情報
:
26cm,168p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    ナウシカの共感力からくる自身の危機と復活。キリストのようだ。最後の巻ではクシャナとともにどう世界を導くのだろうか。そう言えば、宮崎駿氏が養老孟司氏と対談したものをまとめた本は『昆眼とアニ眼』だったな。

  • ゆみきーにゃ さん

    《職場》とにかくヒドラが怖すぎる。終わりかな?と思ったら、また新たな物語が!チクク可愛い。

  • Die-Go さん

    ナウシカは土鬼の中へと入り込んでいく。 そこは新たな人工の粘菌を培養し、軍事利用しようとするマッドサイエンティスト達の巣窟だった。そこからまた新たな王が現れる。ナウシカの去就はいかに。★★★★★

  • おたま さん

    第6巻までくると、もはや物語はありとあらゆるものが絡まりあい、一筋縄ではいかなくなっている。様々な対立の中にあって、ナウシカだけはそれを乗り越えて和解へと導いていく。映画の中でも描かれていた幼いナウシカと小さな王蟲との場面が心に残る。土鬼の皇弟も、その纏っていた虚無をナウシカによって振り払われ、美しい自然の中へと消えていく。さらに蟲使いたちも、ナウシカに出自を理解してもらい、ナウシカの守人となっていく。覚醒した巨神兵もまたナウシカを慕っている。すべてに和解をもたらすナウシカが、世界を癒すべく最終巻へ。

  • カザリ さん

    この一週間でほんとうに楽しませてくれました。森の人と庭園万人がどちらもかっこよかった。。よくいるキャラクター的役割なのだが、かっこよかった。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮崎駿

1941年生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後の1963年、東映動画入社。その後数社を経て、『ルパン三世 カリオストロの城』(’79)で劇場作品を初監督。84年『風の谷のナウシカ』が国民的大ヒット作となる。85年の設立に参加したスタジオジブリで監督として様々な作品を発表。2013年『風立ちぬ』の公開

プロフィール詳細へ

宮崎駿に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品