自分の「うつ」を治した精神科医の方法 薬に頼らず、心身ともに元気を取り戻すために KAWADE夢新書

宮島賢也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309503691
ISBN 10 : 4309503691
フォーマット
出版社
発行年月
2010年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,216p

内容詳細

精神科医の激務から「うつ」になった著者が、病を克服する過程で会得した、うつの新しい治療法とは。本書では、薬をつかわない、食事や人間関係の改善などを機軸とする画期的療法を解説する。

【著者紹介】
宮島賢也 : 1973年、神奈川県生まれ。防衛医科大学校卒業後、自衛隊中央病院、ナチュラルクリニック代々木院長、宮島元気クリニック院長を経て、現在、湯島清水坂クリニック院長。薬を使わない医師として活動中。健康回復や幸せ増進の講演、メンタルセラピストの養成にも力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    自分がそういった状況になって改めてわかることがたくさんありますよね。そういった環境下において、手にとり読むと深く実感して読むことができました。クスリを服用することが全てではなく、根本的な「考え方」を治していこうとする'治療'はある意味納得でした。しかし、ココロの風邪を患う人は自覚する頃にはトキ既に遅しで、そもそも考え方がそういう傾向になければココロが疲れるコトもあまりないのかもしれませんね。'風邪'は治りかけが一番大事と言われます。私もあせらずゆっくりと時間をかけて無理せず、じっくりと治したいと思います。

  • yoshida さん

    以前に読んだ「うつヌケ」で紹介されており購入。長く積んでいました。調子が良かったので、ずっと読まず。私も徐々に薬も減り、仕事もこなし、ほぼ寛解かと思った頃に訪れる波。業界の先行き不安からの将来不安。再婚しないで一人で生きていくのかなという不安。勝手に悩んでいるところに仕事もタフな案件が増え悩む。そうすると気持ちも落ちて、本書を読みました。根本的なところは認知の歪みなのだと思う。事象の捉え方。楽天的か悲観的か。そこは薬ではなく、自分で変えねばならない部分。食事療法も記載あり。実践出来ることを実践したいです。

  • harass さん

    この著者の他の本を読もうとしていて、これを偶然見つける。これでも変わらんだろと借りる。長年鬱に苦しんでいた精神科医の著者が唱える対処方法を語っている。うーん…… 自己啓発のジェームズ・スキナーですか…… 心理学者のスキナーかと最初思ったのだが…… あと、考え方を変えようって、そりゃそうだけどさ…… 食事療法は見なかったことにする… この著者けっこう本を出してるのに驚く。参考文献一覧にちょっと苦笑い。まあ鬱になるのは、これまでの人間関係や考え方が問題だからというのは分かるのであるのだが…… 

  • バニラン さん

    うつぬけの著者がこの本を推奨していたので読んでみました。 とても分かりやすく腑におちる内容でした。 環境もあるけれど根本的な原因は(親からの育てられ方)親の思いが強すぎると子供の心が萎んでいく(しまった!)と思いながら、子育ては完結している。それなら成人した子供に対して何が出来るのか?!自然と親しむ、ナチュラルな食生活、何よりも傾聴する事。 なる程と納得した。昔は、もっと色々な重圧が多い時代だった気がする。何が原因でそれに対する対処法(答え)が即、わかる現代は幸福なのか不幸なのか分からない。

  • 田中佳代子 さん

    著者自身7年間うつで苦しみ精神科のお医者様になられた方。その中で自分も患者も治らない!苦しみ抜いて●うつは薬では治せない●と身をもって痛感。🌱うつになる人は、特有の「うつになる考え方」を持っている。🌱「症状」は薬でも麻痺させる事ができるかも。でも「原因」は薬では取り除けない。🌱だから「原因」を作る「苦しい考え方」を変えていく事が大切。→🔴真面目さ→融通のきかなさとして現れることも🔴キチンとやる→手を抜けない🔴自分が嫌い→ダメな自分を責める🔴休む自分が許せない→さあ、ブレーカーを上げよう!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月19日 (火) 00:00
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品