外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと 成長を実感できる「アカウンタブルに働く力」

宮原伸生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478108932
ISBN 10 : 4478108935
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
176p;19

内容詳細

最先端の外資で成長できる人の法則とは?数多の外資で日本人・外国人をリードする中で見つけたコンセプト。

目次 : 序章 外資で、もがき続けて見つけた「新しい働き方」/ 第1章 本気で信じ、共感できるか―Keyword1ミッションとバリューへの思い/ 第2章 求められるのは現状分析ではない―Keyword2構想する力/ 第3章 オープンに数字を使って語る―Keyword3透明感を出す/ 第4章 本気で成長を目指せるか―Keyword4自己成長・変革欲求/ 第5章 ストレス対策でなく、エネルギーを管理する―Keyword5心と体の最適化/ 第6章 ストーリーが外資系で果たす重要な役割―Keyword6伝える力・巻き込む力/ 終章 「アカウンタブルに働く力」を実現させるために必要なこと

【著者紹介】
宮原伸生 : 1959年福岡県生まれ。東京大学教養学科人文地理分科卒業、米国UCLAアンダーソンスクールオブマネジメント修士課程修了。博報堂、マッキンゼー&カンパニーなどを経て、Moet‐Hennesy Diageo(現)マーケティングディレクター、Kellogg Japan社長、GSK Consumer Healthcare Japan/Korea社長。現在はビジネスコーチとして人材育成に従事。専門は消費財マーケティング、組織開発、人材/リーダーシップ育成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Takeya さん

    ミッションやバリューがあると、それに縛られるのではと考える人もいるが実は逆。ミッションやバリューがはっきりしているとそこからズレなければ自由に考えて行動でき選択肢の広がりにつながる。むしろミッションやバリューがあるから仕事がしやすくなる。日本にも言葉の文化があったがビジネスでは言葉を大事にしているとは思えない、言葉に徹底的にこだわっているのは外資の方。言葉の持つ強さ、影響力の大きさをよくわかっている。故にビジネスにおける概念やフレームワークはその殆ど欧米で生まれている。

  • Tatsuya Hirose さん

    【「ガイシ系デハノ守(かみ)」ではない本】 「出たよ『ガイシ系デハノ守』!」とか「ハイハイ。ガイシはスゴイですね」と手が伸びづらいタイトル。編集者さん狙ったかな。という感じ。しかし、至極まっとうな「自分らしく働くための意識」、そして「そんな自分を置くべき所属組織のあり方」がキッチリ書かれている本。日系企業でどっぷり働いている僕にも納得感高い内容。「理想的なモデルはエネルギーレベルが高くて自分を変えていける人」という定義は。時に「高エネルギー人」と心の中でコッソリ呼んで(尊敬して)いる人たちを思い出した。

  • Book worm7 さん

    Mackinzey is not up or out but grow or out 外資では、自分がどう成長するか? Active listerning skill Mission よりpurpose Code of Cobduct よりExpectation High energy が重要 Communications is very important

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮原伸生

1959年福岡県生まれ。東京大学教養学科人文地理分科卒業、米国UCLAアンダーソンスクールオブマネジメント修士課程修了。博報堂、マッキンゼー&カンパニーなどを経て、Moet‐Hennesy Diageo(現)マーケティングディレクター、Kellogg Japan社長、GSK Consumer Hea

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品