センゴク一統記 12 ヤングマガジンKC

宮下英樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063825916
ISBN 10 : 4063825914
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
追加情報
:
19

内容詳細

歴史の真実を解き明かす本格戦国コミック、待望の第三部!!
時は天正十年、京・本能寺で勃発した日本史上最大の事件”本能寺の変”‥‥そこで何があったのか!? そして仙石権兵衛秀久の”歴史的大失敗”と”不屈の挽回劇”とは!?
宮下英樹が満を持して描く”乱世の終焉”と”新時代の幕開け”!! 立身出世を遂げた仙石権兵衛秀久が、そして乱世に生きるすべての人間が、いまだかつて誰も体験したことのない”天下一統”の時代へと今、踏み出す‥‥!!

四国・引田においてゴンが決死の合戦を繰り広げている頃、時を同じくして、賤ヶ岳の戦局も大きく動こうとしていた。柴田勝家軍は続々と南下し、秀吉の城塞群へと攻め寄せる。羽柴秀吉が己の歩んできた人生を振り返ったとき、身中より湧き上がった”織田家への思い”とは‥‥!? 時は満ち、山は動いた――賤ヶ岳合戦、大詰めへ!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 流言 さん

    時代は変わる。賤ヶ岳の合戦……鬼柴田は膝をつき、破れるまでに尽くした木綿は魔王へと覚醒する。最序盤から硬骨ではあれど魅力あふれる武人肌として描かれてきた勝家がこうまで敗北を喫する様に、戦の常といえど涙を禁じえない。後半、急激にピックアップされた茶々がこの作品世界の中でいかにして秀頼の母”淀君”へと変貌していくのかが気になって仕方ない。そして、この時期になるともう、四国・九州も遠くない未来だ。

  • じゃに さん

    私の想像していたイメージ通りに勝家さんでした!また利家さんの涙に号泣、あの後姿は本当に泣ける。マンガは登録していなかったのですが、あまりに感動したので書いてみました。

  • ウチケン さん

    秀吉の言う「敵は柴田じゃねぇっ、寧ろ織田家じゃ。」ハイ、判りますそのお気持ち。常々、思うておりました。「織田だ。織田家だ。織田の血だ。って一々煩いんだよって。」これ言われたら私もお供致します。勝家もきっと織田の呪縛から解き放たれる事無く、、、と思っていたら勝家“漢”を見せました。城も燃えたが、情念の炎も萌えた。お市との間で交わされる官能的な場面は、どこかしら悲哀や愛しさを含んだ尋常無い想いのように感じました。

  • まさ影 さん

    ボロ負けゴンベエと賤ヶ岳の戦い決着の巻。賤ヶ岳〜大垣は地元とあってなじみ深い地名が出てくるので燃える。

  • 電羊齋 さん

    勝家とお市様の最期が見事。特にお市様は、単なる悲劇のヒロインではなく、他の英雄たちにも引けを取らない存在感。彼女もまた「戦国武将」であった。あと、中川、高山の両将は自分の地元なんで、鬼玄蕃に手も無く敗れた時はガクッと来ました(^_^;)。そしてセンゴクは本当にしぶとい。敗戦のたびにそれを糧にして立ち上がる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宮下英樹

漫画家。石川県出身。2001年「第44回ちばてつや賞ヤング部門大賞」を受賞し、同年「ヤングマガジン」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品