白いおうむの森 童話集 偕成社文庫

安房直子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036526109
ISBN 10 : 4036526103
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,234p

内容詳細

別の世界、物言うおうむがいて、屋台で働くたぬきがいて、木の精の洋服屋がいて、死んだはずの誰かも…。そこでは時間の流れ方まで違うとか。そんな世界の扉が開かれるかもしれない、7つの不思議な物語を収録。

【著者紹介】
安房直子 : 1943年、東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。『さんしょっこ』(第3回日本児童文学者協会新人賞)、『北風のわすれたハンカチ』(第19回サンケイ児童出版文化賞推薦)、『風と木の歌』(第22回小学館文学賞)、『遠い野ばらの村』(第20回野間児童文芸賞)、『山の童話 風のローラースケート』(第3回新美南吉児童文学賞)、『花豆の煮えるまで―小夜の物語』(赤い鳥文学賞特別賞)等、受賞作多数。1993年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はる さん

    不思議で美しくて、哀しい。安房さんの魅力が詰まった短編集。幼い娘を亡くしたおでん屋さんの物語「雪窓」など、「死」をテーマにした比較的怖めの作品が多い。好みは温かなタッチの「雪窓」だけれど、どの話も味わい深くて魅力的。こんな時代だからこそ心に沁みる短編集。

  • めしいらず さん

    大切な人の喪失。澱のように底に沈んだ痛みが幻視したのは、彼岸と此岸の境目の風景。それぞれがそこで束の間見た景色は、怖いくらい綺麗で、そして寂しいものでした。失うことでしか得られない感情があります。それはきっとすごく痛いけれど、自分の人生の見え方が随分と違ったものになると思いました。一編選ぶなら「てまり」。貧富の垣根を超えて出会った2人が、やはり貧富の差ゆえに分かたれます。束の間だったけれど、大切な景色を共有した2人は、互いが本当の友だと知りました。彼女たちの思いをつなぐのは、てまりの中で響く小さな鈴の音。

  • 瑪瑙(サードニックス) さん

    短編集。『雪窓』は以前読んだ事がありました。幼くして亡くなった娘を思うおでん屋さんとたぬきとのお話。表題作の『白いおうむの森』は亡くなった姉を思う妹の悲しいお話でした。死後の世界がそんなだったらとても悲しい。『雪窓』以外は美しいお話や寂しいお話、悲しいお話、ちょっぴり恐ろしいお話が多かったです。読み終えるととても寂しい気持ちになりました。

  • はる さん

    再読。「雪窓」をはじめ、どの話も不思議で切なくて、少し怖い。日常のとなりの異世界への道。安房さんの童話は子供のころから良く読んだけれど、あらためて読み直してみると、どれも深い味わいがあります。

  • リリー・ラッシュ さん

    お気に入りさんのレビューから「雪窓」の絵本の存在を知り、読みたかったのですが、図書館になく、お話が収められたこの作品を読んでみました。安房直子さん、初読みですが、大好きになりました♡特に「鶴の家」は恐ろしく、そして悲しみもあるお話なのですが、とても美しいお話でした。何度も読み返したくなります。他の作品も、切なさや悲しみ、怖さを含んでいますが、どれも魅力的なお話ばかりです。蜂飼耳さんの解説もとても良かった。蜂飼さんの文章も私は好きだなぁと思いました。この作品の魅力を私の感じた通りに語ってくださってます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安房直子

1943年東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学時代から児童文学作品を発表し、やさしさあふれるファンタジーを書きつづけた。『風と木の歌』(実業之日本社)で小学館文学賞、『遠い野ばらの村』(筑摩書房)で野間児童文芸賞、『風のローラースケート』(筑摩書房)で新美南吉児童文学賞を受賞。1993年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品