うさぎのくれたバレエシューズ えほん・こどもとともに

安房直子文

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338069113
ISBN 10 : 4338069112
フォーマット
出版社
発行年月
1989年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,1冊

内容詳細

バレエを習い始めて5年もたつのに、女の子は上手にならない。うまくなるように、月にも星にもおねがいをして…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 馨 さん

    私が小学校低学年の頃に、親に買ってもらってお気に入りだったのを思い出しました。懐かしくなって読みましたが今の子供たちにも読まれているなんて知りませんでした。世代を超えていると何か嬉しい。私はバレエに縁もゆかりもなかったのでなぜこの絵本を買ってもらったのか思い出してみたら純粋に絵が可愛かった(ほぼピンクで)からで、あまり中身に興味はなかったと思います。大人になって読むと、やれば出来る、自分を信じろというメッセージが伝わる良い話でした。

  • Kawai Hideki さん

    「バレエの絵本を見たい」と娘が言ったので。バレエ教室に通い始めて5年たつのに、まだ上手に踊れない女の子。踊りたい強い気持ちはあるので、いつも「踊りが上手になりますように」と念じ続けていた。すると、「山のくつや」を名乗る者から、バレエシューズが届く。送り主をたどっていくと、うさぎが営む靴屋だった。靴屋の急ぎの仕事を手伝い、うさぎバレエ団用の30足のバレエシューズを作る。女の子もうさぎバレエ団の練習に参加すると・・・。うさぎの靴屋が「カタカタとミシンをかけ」るところが、「わたしのワンピース」っぽいと思った。

  • ダリヤ さん

    じょうずにおどれることがたいせつなのではなくて、かんじるままにたのしむことがいちばんたいせつなのかもしれない。おそろいのさくらいろのばれえしゅーずをはいておどった、うさぎたちとおんなのこのおどりにはくしゅかっさい。わたしまでぴょんぴょんせかいのおとにみをまかせておどりたくなる。安房さんのやさしいぶんしょうと南塚さんのやわらかなイラストがほんとすばらしい。

  • tokotoko さん

    久しぶりの図書館。思いっきり春の色の絵本を借りるんだー!と思ってすぐ、決まった本です。桜色のきれいなことといったら、もう、言葉にできません。あとね、とても儚い線もお話も、「春の夜の夢」の如しです。絵を描かれたのは、南塚直子さん。これからいろんな作品の中で、出会って行きたい画家さんになりました。

  • あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦) さん

    久々に再読。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品