ヤマトタケル 5 カドカワコミックスaエース

安彦良和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041065051
ISBN 10 : 4041065054
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
217p;19

内容詳細

東征の地でタケルを待ち受ける悲運とは…!!

天叢雲剣の霊力により火攻めの窮地を脱しイカハ兄弟を撃滅したタケル。そんな中、弟橘姫がタケルの子を宿す。つかの間の幸せに浸るタケルと弟橘姫だったが行軍を遮る走水の潮流が二人の運命を揺り動かしていく…。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この安彦良和氏の解釈による「ヤマトタケル...

投稿日:2018/05/12 (土)

この安彦良和氏の解釈による「ヤマトタケル」。現在5巻まで出ていますが、なぜか2巻が販売終了となっており、どこを探しても廃刊みたいになっています。途中が読めなくては買う気が失せます。出版者様この「廃刊?の2巻」を再刊してください。

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    火攻めの窮地を天叢雲剣の力により脱するヤマトタケル。神話の醍醐味を存分に感じさせるエピソードだ。と同時に安彦良和は、東国遠征の動機や内容を、史実によって補完している。巻末に収録された国立歴史民俗博物館研究部教授の松木武彦との対談が、安彦の古代史をコミカライズする際の姿勢をとてもわかりやすく伝えている。『古事記』や『日本書紀』の記述は伝承や記憶の産物であり、権力者の意向に左右されているとしながらも、最初っから作り物であれば起こりえない矛盾を多く孕んでいることに、かえってリアリティがあると説く。(つづく)

  • 月をみるもの さん

    タケミナカタも武内宿禰も弟橘も、すべて「暗黒神話」でのイメージが固定しているんで、めっちゃ新鮮ですわ。あとがきで対談してる松木さんの本がどれも面白そうなんで、まとめて発注。

  • ohion さん

    ナムジも神武も5巻でおわってたのに、これは5巻で終わらなかった。今回は、安彦良和の考察が久しぶりによかった。 さあ、次は死の謎にせまってほしいものです。

  • davi さん

    物語の加速度と情報量の多さから本当にこの巻で閉めにかかってるのではと心配になったけど、まだ続きがあるようで安心した。武内宿禰の存在感が増してきた物語に安彦さんがどのような解釈を示すのかが楽しみ。

  • 解 さん

    巨神ゴーグ以降安彦良和先生の作品に全く触れないまま本作を読んでみたら今の漫画の流れとはかけ離れた刺激があった。大きな仕事をしてきた先生だけど感じたのは好きな事を自由に描くインディペンデント精神。劇中の出典元がWikipediaやInstagramからの引用があったのも驚きだった。なりふり構わぬ巨匠の語りに柔軟性と凄みを感じた。余談多し。 本編に収録されてる弟橘媛と武内宿禰の章を読み、諸星大二郎先生の暗黒神話での解釈が異次元的にブッ飛んでる事を再認識した。美しくてエモい。 5巻で終わらず連載は続いてる模様。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安彦良和

1947年、北海道紋別郡生まれ。70年、弘前大学中退後上京し、手塚治虫の「虫プロダクション」でアニメーターになる。73年にフリーとなり、以後『機動戦士ガンダム』など、大ヒットアニメに主要スタッフとして参加。キャラクターデザイン、作画監督、監督などアニメ界でマルチに活躍。79年『アリオン』でマンガ家と

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品