安倍家の素顔 安倍家長男が語る家族の日常

安倍寛信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784847070150
ISBN 10 : 4847070151
フォーマット
出版社
発行年月
2021年01月
日本
追加情報
:
240p;19

内容詳細

岸信介、安倍寛を祖父に、安倍晋太郎を父に持つ安倍家の長男から見た政治一家の家族の素顔。長男はビジネスの道に、弟晋三と信夫は政治の道へ進んだ。
3兄弟の少年時代、山口県青海島で過ごした夏休み、写真でしか知らない祖父安倍寛の足跡、せっかちな父・晋太郎との思い出、好々爺の祖父・岸信介とのふれあいと知られざる逸話、母・洋子が暮らす富ヶ谷の日常、政治家の家庭生活、長男が政治家を目指さなかった理由などを素直に語る。

発行・発売:オデッセー出版
販売:ワニブックス

【著者紹介】
安倍寛信 : 生年月日:1952年5月30日。1975年3月成蹊大学経済学部卒業。1975年4月三菱商事株式会社入社(資材第三部)。1986年4月同社麦酒・煙草部。1987年8月カナダ三菱商事会社(トロント)。1991年10月三菱商事(株)ビール・タバコ部。2001年2月英国三菱商事会社(ロンドン)。2001年3月英国三菱商事会社(ロンドン)生活産業部長(兼)欧州支社(部門担当)。2004年2月三菱商事(株)中国支社長。2007年4月同社執行役員就任、関西支社副支社長(兼)中国支社社長。2010年4月同社執行役員九州支社長。2012年6月三菱商事パッケージング株式会社代表取締役社長執行役員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Nobuko さん

    岸信介、安倍寛が祖父。安倍晋太郎は父。弟晋三と信夫は政治の道へ。安倍家の長男が政治一家の家族の素顔を綴られる。政治的思想の違う方、育った環境も違えば今いる環境も違う、さまざまな人が家に訪問されても、当たり前のように受け入れ、一人ひとりときちんと向き合うという雰囲気は安倍家、岸家に流れる伝統というものが影響しているのでしょう。生き別れた母親は再会時に亡くなっていたが血の繋がる弟がいたこと。政治家も人間ですから、凡人の私でも共感する部分は沢山あるものだなと、尊敬以上のものを感じ読んで良かったと思う内容でした。

  • 小鈴 さん

    安倍家の長男、安倍晋三の兄寛信が語る安倍家の日常。安倍家、祖父の反骨の志士安倍寛、岸信介、そして「私の人生を生きる」。 名前の由来は二人の祖父の一字から。寛信氏の記事で後を継がなかった理由として「政治家にはむかない」と思ったからとあったが、本当の大きな理由は30歳でギランバレー症候群となり死ぬ可能性があったからだった。結婚が35歳と遅かったのは病気の影響が大きいのだろう。政治家ではない、なんでも話せる兄がいたからこそ孤独な総理業をこなせたのかもしれないですね。安倍家の雰囲気を知ることができる貴重な書。

  • 乱読家 護る会支持! さん

    著者は、政治家一族である安倍家の長男(弟が安倍晋三・元総理大臣、岸信夫・現防衛大臣)として生まれ、政治よりもビジネスの世界で活躍された(三菱商事・執行役員など)安倍寛信さん。 安倍晋三さんの2回目の総理辞任を区切りに、安倍家について書かれた本です。 まあ、別にわざわざ読むべき内容でもなさそうな。

  • 友川サイコー さん

    稀代の悪政。逮捕間違い無い前首相!身内からのトンデモ本!なるほど名門とはこういうモノ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安倍寛信

生年月日:1952年5月30日。1975年3月成蹊大学経済学部卒業。1975年4月三菱商事株式会社入社(資材第三部)。1986年4月同社麦酒・煙草部。1987年8月カナダ三菱商事会社(トロント)。1991年10月三菱商事(株)ビール・タバコ部。2001年2月英国三菱商事会社(ロンドン)。2001年3

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品