ビジネスエリートになるための教養としての投資

奥野一成

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478109915
ISBN 10 : 4478109915
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
256p;19

内容詳細

「投資」はビジネスの最良の教科書である。
「投資」を知らなければ、あなたは一生「奴隷」のままだ。
凄腕ファンドマネジャーが教えるビジネスと人生の成功法
コロナ危機の今こそ学びのチャンス!


目次
はじめに

「投資家の思想」が日本を救う
投資はビジネスの最良の教科書である

《1時限目》 投資家の思想が人生を成功に導く

労働者2.0を目指せ
貧困は遺伝する
投資をすれば働き方のマインドが変わる
投資の起源
永守さんに働いてもらおう
人生100年時代の選択肢
「時間」という有限のリソースを有効に配分する
「有能の境界」を意識しよう

《2時限目》 私の投資家人生

コンサルタントになりたかった
長銀に入行
刺さらない提案
相場を学ぶ
長銀の破たんと海外留学
バフェットとの出会い
バフェット流の投資を日本でも出来ないか
農林中金での投資経験
社内ベンチャーで「NVIC」を設立

《3時限目》 日本人はなぜ投資が苦手なのか?

どんどん貧しくなる日本
日本人はなぜ投資をしないのか?
子供たちに資本家マインドを
楽して儲かることなんて絶対ない
資本家になることは日本人としての責務である

《4時限目》 「投資」と「投機」は違う

投資と投機の違いを農地にたとえると
なぜ日本は投機なのか
投機は存在しない方が良いのか
株式は持続的に利益を生み出す投資対象
営業利益は課題解決の対価

《5時限目》 売らない株を買えばいい

売らなくていい会社しか買わない
強靭な構造を持つ会社を選ぶ
それは本当に必要か?
誤解しやすい「長期潮流」
参入障壁は色褪せやすい
日本株に未来はあるのか
長期投資の長期とは「永久」のこと

《6時限目》 ファンドマネジャー流株式投資で成功するコツ

個人投資家にありがちな誤解
ファンドマネジャーが会社訪問で聞くこと
仮説の立て方
自分のレンズを磨け
本当の株価指標の見方
5年以上かけて買う
株価が下がっても狼狽しないためには
コロナショックは大きなチャンス
保有株式を売却する時の判断基準
投資事例をいくつかご紹介します

《補講》 資産形成で失敗しないために

長期投資が出来る仕組みをつくろう
公的年金が破たんすることはない
個別株に投資していい人、いけない人
配当についての誤解
インデックスかアクティブか
国際分散投資と為替リスク

おわりに

投資は知の総合格闘技である


著者
奥野一成(おくの・かずしげ)
農林中金バリューインベストメンツ株式会社 常務取締役兼最高投資責任者(CIO)
京都大学法学部卒、ロンドンビジネススクール・ファイナンス学修士(Master in Finance)修了。1992年日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。2007年より「長期厳選投資ファンド」の運用を始める。2014年から現職。日本における長期厳選投資のパイオニアであり、バフェット流の投資を行う数少ないファンドマネージャー。機関投資家向け投資において実績を積んだその運用哲学と手法をもとに個人向けにも「おおぶね」ファンドシリーズを展開している。

【著者紹介】
奥野一成 : 農林中金バリューインベストメンツ株式会社常務取締役兼最高投資責任者(CIO)。京都大学法学部卒、ロンドンビジネススクール・ファイナンス学修士(Master in Finance)修了。1992年日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。2007年より「長期厳選投資ファンド」の運用を始める。2014年から現職。日本における長期厳選投資のパイオニアであり、バフェット流の投資を行う数少ないファンドマネージャー。機関投資家向け投資において実績を積んだその運用哲学と手法をもとに個人向けにも「おおぶね」ファンドシリーズを展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • thayami さん

    投資vs.投機。良し悪しではなく、違いを踏まえた行動機軸の確立。鍵はOwnership。特定企業のことのみならず、取り巻く各種環境も考えることが学び。結果、働かされている(受動性)から働く(能動性)へ、考え方が自然に転換。実際に投資・投機をするかどうかではなく、マインドセットがポイント。GHQ施策や高度成長期が、如何に投資マインドに影響したかの件は興味深い。チャート分析批判は必ずしも腹落ちしないが、投資企業選定の3つの要素などはオーソドックスで好感。楽して儲かる方法など無い、当然。子供への教育も必須也。

  • 645TJC さん

    投資は知の総合格闘技であり、長期投資の思考法はビジネスの本質である。ビジネスの本質とは、変化する環境に適応しながら、長期時間軸で如何に自社の優位性を守り利益を上げ続ける事ができるかが鍵。投資により幅広い知識が身につき、仮説構築力が上がるため、投資はもちろんビジネスでの成功率が増す。デイトレは別だが、長期投資は株価というより、その企業の事業に投資していると言えるためそれはその通りであると思う。コロナのパンデミック以降、自宅滞在時間が増え、同時に投資に割く時間も増加している。

  • K さん

    著者の考える「投資」についてわかりやすく説明されている。「高付加価値」「参入障壁の有無」「長期潮流」の3つを用いて判断するという方法は、投資初心者がこれから投資を始める前に是非とも知っておくべき内容。

  • hana87 さん

    著者は農林中金バリューインベストメンツCIO、マーケター森岡毅さんとの協業でも注目されてます。投資アドバイスというより、生い立ち、人生、日本の将来への思い、投信哲学など著者の誠実さが全面に出ており、著者のファンドに思わず投資してしまいそうになりますww 続きはブログへー。https://hana-87.jp/2020/06/30/%e6%95%99%e9%a4%8a%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae%e6%8a%95%e8%b3%87/

  • Taizo さん

    「3000円投資本」が「万人向け〜とりあえずこれさえやっておけ〜」読本だとするのであれば、こちらは「ようこそ投資家の世界へ〜己自身の人生を投資で表現しよう〜」編と言うことになる(違う)。「投資は楽をして働かず金を稼ぐからけしからん」こういった風潮、日本ではまだ根強いと思います。作者はそれは「楽して儲かる仕事なんてねえ!」と一蹴。何よりも脳みそに汗をかいているんだ、と。参入障壁を考え未来を予測する、この姿勢はなるほど確かにビジネスマンにとって必須のスキルだと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品