延長戦に入りました

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344002166
ISBN 10 : 4344002164
フォーマット
出版社
発行年月
2002年08月
日本
追加情報
:
239p;19

内容詳細

レスリングのタイツ問題から日本の正月と駅伝中継高視聴率の秘密まで。汗も流さず、涙も見せず、根性もなくて無責任なスポーツ観戦エッセイ。モノ・マガジンに連載されたエッセイ「スポーツ万華鏡」をまとめた1冊。

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て作家になる。2002年「邪魔」で第4回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 気軽に読む分にはそこそこ面白い作品。

投稿日:2013/08/13 (火)

 気軽に読む分にはそこそこ面白い作品。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まさと さん

    基本的にエッセイはあまり読まないけど、奥田さんのは好き。くすくすとか、ふふふって笑える。時代が少し古かったけど、当時に読んでたらもっと笑えただろうな。最後まで大変楽しめました。

  • tokkun1002 さん

    奥田英朗さんの作家デビュー前に書いた「スポーツ万華鏡」をまとめたエッセイ?【面白エッセイ探索】として狙っていた作品です。男受けする内容にニヤつきながら読めました。確かに4人制ボブスレーの2人目と3人目はなにの役割なんでしょうね(^^)

  • hime さん

    スポーツにまつわるエッセイ。クスクス笑わせて頂きました(笑) 「運動会じゃないんだから!」と大いにツッコミ受けそうですが、玉入れ、棒倒しもアジア大会種目に入れてほしいに一票!白黒はっきりするのでこの上なくフェアですし、日韓戦とか物凄く見てみたい(笑) 辛口コメントとは違った、でも「えっ、こんなこと言っていいの?」というような発言もサラッと。物議を醸さないのは、奥田さんのユーモアのセンスと、スポーツへの愛情、そして一見好き放題言っているようですが、絶妙なさじ加減ゆえでしょうね。面白かったです。

  • はと麦茶 さん

    読んだのは文庫。適当に選んだら20年以上前のエッセイだったけど面白かった。登場する名前が懐かしい。それにしてもこういう典型的(?)男性的な方が、女性の心情を描けるのか不思議な方ですね

  • けーすけ さん

    野球など様々なスポーツに関する視点が面白く、「あるある」と頷きながら、大笑いしながら読んだ。奥田さんのひねくれたものの見方は自分と似ていて、共感できるポイントが盛りだくさん。「野球の国」はつまらなかったが、このエッセイは最高傑作だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品