家日和 集英社文庫

奥田英朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087465525
ISBN 10 : 4087465527
フォーマット
出版社
発行年月
2010年05月
日本
追加情報
:
16cm,258p

商品説明

第20回柴田錬三郎賞受賞作品。
今こそ読みたい、平成の家族小説

会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは……。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。

内容詳細

会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは…。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。

【著者紹介】
奥田英朗 : 1959年岐阜県生まれ。雑誌編集者、プランナー、コピーライターを経て97年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞、2004年『空中ブランコ』で第131回直木賞、2007年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で第43回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 「一般家庭」といっても、全く同じという...

投稿日:2013/05/01 (水)

 「一般家庭」といっても、全く同じというところは殆どないと思う。  それぞれが、それぞれの生活があると思う。  それが読みやすく描かれている作品。

fumi さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
オークションで人に感謝されることに嵌って...

投稿日:2012/02/10 (金)

オークションで人に感謝されることに嵌ってしまった奥さん、いきなり主夫になるはめになってしまったサラリーマン、ロハスに凝り始めた妻たちとそれに困惑作家の夫の話、などなど「家」を舞台にした短編6つを収録。こんな人いそうだなーとか、こんなことになったら困るだろうなーなんて思いながら気軽に読めます。ちょっと、いつも身近にいる家族の存在の大きさを考えさせられたり。やっぱり人間って、色々考えたり一人で突っ走りもするけど、「家」に帰っていくんだよね。家族って、お互い不満を言いながらも歩み寄りながら、一つのかけがえのない「家」を築き上げるものなんですね。

peko-rock さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 再び読書 さん

    流石の奥田氏の短編集、心地よい読書の時間を過ごせます。ネットオークションを題材にした「サニーデイ」。倒産を気に主夫となりながら、それを面白く生きてしまう「青山」。離婚したのにより人生を楽しんでしまう「家においでよ」。すこしエロイ「グレープフルーツモンスター」。新しい仕事にいとも軽がると挑戦してしまう夫に、いらいらつくと同時に仕事に閃きを得られる嫁を描いた「夫とカーテン」。ロハスに不満を持ちながら、それをぶつけられない小説家の夫は「家と玄米ご飯」。「延長戦に入りました」から始まった益田さんの漫画も秀逸です。

  • にいにい さん

    「我が家の問題」と対の作品ということで、読んでみた。こちらを先に読むべきだったかな。家族、特に夫婦の微妙な行き違いと何かしらの絆を感じる六篇の短編集。「我が家の問題」より、こちらのストーリーの方が好きなものが多いな。「ここが青山」と「夫とカーテン」が特に面白かった。栄一みたいなキャラいいなぁ〜。「妻と玄米御飯」が、「妻とマラソン」となるのも興味深い。これは、奥田さんの体験を元にしてるのかな?後書きにあった「延長戦にはいりました」も読みたいな。家族も色々あるけどどうにかなると思わせてくれる一冊。

  • まひはる さん

    どの短編もいい感じでフェイドアウト。余韻を存分に堪能。読後は楽しい想像の中で時間を過ごした。インターネットオークションなど、身近で惹きつけられるものが多い。興味関心は最後まで途切れなかった。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    奥田さん十八番(オハコ)の短編集です。 いるいるこんな人(笑)とか聞いたことあるその話(笑)とか思わず身につまされる話とか・・・ 夫婦や家族の日常を丁寧にスケッチして、ちょっぴり笑を含ませたお話です。 でも最後は「よーし、元気出してやるぞぅ!!」って背中押される感じがして嬉しい!! v(^_^)

  • ehirano1 さん

    著者の「無理」、「最悪」、「邪魔」というキングオブ“不穏”とも云うべき作品が凄く印象に残っているので、なんかこう「まぁ、いいかぁ」と云うところに全てが落ち着くストーリーには驚かされました。各々の主人公の境遇は傍から見るとあまりよろしくないのですが、ちっとも辛そうではないのです。そして、各々が妥協点というかセカンドオピニオンというか、こういう考え方や捉え方もあるんだよ、と読者に言っているような感じでした。人生心の置き所とは中村天風の言葉ですが、ホントそうですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥田英朗

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品