100万の命の上に俺は立っている 4 週刊少年マガジンKC

奈央晃徳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065105474
ISBN 10 : 4065105471
フォーマット
出版社
発売日
2018年01月09日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

5周目クエストの成り行きで、オーク討伐に参加する四谷たち、勇者一行。人間同士の対立、裏切り者の可能性…頑健な巨体に知性を持つオークとの戦いは敗色濃厚! 四谷自身も戦力外通告を受けてしまったが、転職で巻き返しを図る!! 凄惨な戦場で、ついに四谷が主人公(ヒーロー)的大活躍──!!!?

【目次】
ハリボテの楽園
大杭と奇襲
栄光の敗走と敗走者の栄光
彼らはただそれを見上げる
災害の島の末裔たち

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • むっきゅー さん

    現代日本に対する警告のような第4巻。ゲームマスターの意図が見栄隠れする伏線回か。主人公がマシンのような冷静判断で、オークとの最終決戦を進めていく。ジョブチェンジで鍛冶屋になったのも、なんか確率操作されてるというか、なんというか。ただ、これがオーク攻略の糸口になった展開は面白かった。

  • わびすけ さん

    1〜4巻まで。別マガでずっと読んでたけど最近面白くなってきたので一気読み。流行りの異世界転生とは若干違って「異世界転送」なで主人公の思考回路が常任と明らかにずれがあるのが話の味噌だと思います。味噌田楽の唄が伝承だったり津波の話を混ぜてきたりとマイホームヒーローでも常々思ってたけどどうやったらそんな着眼点に行き着くんだと作者と話をしてみたくなる。

  • 洪七公 さん

    ジフォン人って。

  • capeta さん

    未来の読者に向けた地震と津波の教育本。語り継ぐのによく使われるのは歌(津波てんてんこ,とかも)だけど,それは国が存続して言語が同じであることが前提となっているので,すごく遠い未来の読者がジフォン語を使っていないことを仮定したとき,知識の継承はどうすればいいのかな?とか真面目に考えてしまった。1巻のあとがきにも合ったけれど,津波だけでなく,いろんな社会的・生物学的・経済学的問題を漫画に入れ込んでいて面白いな。

  • ひー さん

    どんどん面白くなってきてますね。どんどんクエスト厳しくなってきてるからこれから入って来る新人は大変だね。 箱崎ちゃん強くなってほしいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品