機動戦士ガンダム サンダーボルト 14 ビッグコミックススペシャル

太田垣康男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784098604258
ISBN 10 : 4098604256
フォーマット
出版社
発売日
2019年08月30日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
234p;19

内容詳細

宿命の対決、地球上でついに決着!?

32機のサイコ・ザクを宇宙に打ち上げようとする南洋同盟の計画を阻止すべく、タール火山基地での戦闘は激化!
そしてついに相見えたイオとダリル。地獄の宙域以来の苛烈な宿命が、思わぬ結果をもたらす…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
シリーズ累計320万部突破のガンダム・ハードボイルド!

「一年戦争最悪の戦場」ともいうべきサンダーボルト宙域での激闘から久しぶりに相見えた、イオとダリル、ガンダムとサイコ・ザク。
その激しすぎる宿命が、地球を舞台に真正面から交わる待望の最新集です!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    タール火山基地で再び相まみえたイオのガンダムとダリルのサイコザク。いや、こうなる可能性はあったのかもしれませんが…しかし、イオはあんな風になってダリルの怒りが炸裂して、あまりの怒涛の展開にちょっと呆然とした。

  • トラシショウ。 さん

    「よう。無様に背負われてどこへ逃げる気だ?ダリル・ローレンツ・・・」。サイコザク部隊を成層圏上に打ち上げたい南洋同盟、何としてもこれを阻止したい連邦のスパルタン、手足をもがれたダリルにサイコザクマーク2を届けたいクローディア、今度こそ因縁の雪辱を果たしたいイオの激情が交差する時に多くの運命がその命を散らす、タール火山基地の攻防の顛末。まさしく火花散る怒涛の展開でページを捲るのがもどかしい。更なる禍根を撒き散らしながら、一体この地獄絵図はどこまで続くのか。作画はかなり復調した様で何より(以下コメ欄に余談)。

  • JACK さん

    ☆ ニュータイプの男を教祖と崇めるカルト教団「南洋同盟」と、彼らを駆逐しようと攻撃する地球連邦軍。南洋同盟のダリルは愛する人を守るためサイコ・ザクを駆り、連邦軍のイオは新型のアトラスガンダムで南洋同盟の本拠地に乗り込む。因縁の対決はどう決着するのか。13巻で作者の腱鞘炎悪化のため負担の軽い絵柄に変えたという告知がされ、ネットでは賛否両論があった。しかし、この巻では荒々しいながらも見やすい絵になっていて、すごい勢いでこのタッチをものにしている太田垣先生には驚かされる。これぞプロフェッショナル。

  • わたー さん

    ★★★★★スパルタン部隊による南洋同盟の本拠地攻略戦もいよいよ大詰め。試作機のサイコ・ザクを駆るダリルと、それを執拗に追い立てるイオ。2人のエースによる激突は、ひとつの悲劇へと終着する。これだ。これこそがガンダムだ。そして、サイコ・ザク マークUが起動する。彼女の最期の想いを背負い、ダリル・ローレンツは鬼神と化す。最高にワクワクする展開で面白い。

  • うさみP@デレ7th名古屋両日現地 さん

    画力戻ってる!ザク・ダブルトマホークブゥゥウメランッ!!鬼人弐式起動。火山に響き渡るサンダーボルト宙域の再来。只々憎しみ殺し合うしかない関係にある二人が行き着くところまで来てしまった末に待ち受ける取り返しのつかない『当然すぎる』悲劇。ガンダムシリーズの象徴でもあるペガサス級母艦轟沈には茫然としてしまう(そこまで描いちゃうとはスゴイ)。家を堕とされ、自分を繋ぎとめてくれていた最愛の人を手にかけたイオはどうなってしまうのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品