いわたくんちのおばあちゃん

天野夏美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784072533048
ISBN 10 : 4072533041
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

いわたくんのおばあちゃんは、絶対に家族と一緒に写真を撮らない。その理由は…。被爆から60年目の2005年夏、広島の小学校で実際に行われた平和を考える授業。そこで語られた、1枚の写真にまつわる物語。

【著者紹介】
天野夏美 : 広島在住。中国新聞文化欄に「なっちゃんの漫画日記」、「あの子この子のひとりごと」を2年間連載

はまのゆか : 1979年生まれ。やわらかく透明な独特のタッチ、そして村上龍とのコラボレーションで広く知られる気鋭のイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベーグルグル さん

    とても良かったです。戦争の悲惨さをまた違う側面から感じました。

  • ちぐ さん

    戦争の話です。そして実話。家族で一緒に写真を撮ろうとしても「いや〜よ」と言う、いわたくんちのおばあちゃん。原爆の前に撮った家族写真を見ることが出来たのはおばあちゃんだけだったから。60年前まだおばあちゃんが16才だった時、戦争で原爆にあい、すべてが真っ黒になってしまった中、家族を探し、家族の焼けこげてしまった体をみた。お母さんと小さい妹のむねの合わさったところだけ残った洋服のぬのを見つけた。その時のおばあちゃんの気持ちを考えたらたまらなくなりました。図書館で読んで涙。

  • chiaki さん

    いわたくんちのおばあちゃんが写真に写りたがらないのには訳がある。おばあちゃんの戦争体験。悲惨な被曝体験を伝えているものの、はまのゆかさんの優しい挿し絵が、おばあちゃんのふんわりした雰囲気に合っている。作中、戦争体験を語るのはいわたくんちのお母さん。おばあちゃんは「いやーよ」しか喋らずに、この物語全体を静観しているよう。生きた戦争体験を聞ける機会としては最後の世代になりつつある今、子どもたちにしっかり伝え残していかなければいけない。

  • haru さん

    図書館本。8/6原爆によって自分以外の家族がみんな亡くなってしまったいわたくんのおばあちゃんの話。実話ということもあり、とっても重く、おばあちゃんの悲しみが心に響きました。私のおじいちゃんもその日広島にいました。結局何も話してくれないまま亡くなってしまったけど、話聞きたかったなぁ〜。

  • 小夜風 さん

    【小学校】広島の原爆のお話。岩田くんちのおばあちゃんは絶対に家族と一緒に写真を撮りません。その理由は…。ずっと家族と一緒にいたい。ずっと家族の笑顔を見ていたい…。おばあちゃんの想いを受け継いでいかなくてはと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品