孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 幻冬舎文庫

大鐘稔彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344409309
ISBN 10 : 4344409302
フォーマット
出版社
発行年月
2007年03月
日本
追加情報
:
16cm,300p

商品説明

卜部大造が急死した。すぐに後任の教授選が始まり実川も名乗りを上げる。折しも、実川のもとに脳死肝移植の依頼が飛び込んだ。成功すれば間違いなく教授の座を射止められるが、失敗すれば万事休すだ。一方、当麻の身辺も慌ただしくなる。翔子の父大川町長は肝硬変が進んで危篤に陥った。当麻は肝臓移植が救命し得る最後の手段だと告げるが…。

内容詳細

卜部大造が急死した。すぐに後任の教授選が始まり実川も名乗りを上げる。折しも、実川のもとに脳死肝移植の依頼が飛び込んだ。成功すれば間違いなく教授の座を射止められるが、失敗すれば万事休すだ。一方、当麻の身辺も慌ただしくなる。翔子の父大川町長は肝硬変が進んで危篤に陥った。当麻は肝臓移植が救命し得る最後の手段だと告げるが…。

【著者紹介】
大鐘稔彦 : 1943年愛知県生まれ。京大医学部卒業。早くより癌の告知問題に取り組み「癌患者のゆりかごから墓場まで」をモットーにホスピスを備えた病院を創設、手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術をはじめ手がけた手術は約六千件。現在は淡路島の診療所で僻地医療に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tsuyoshi さん

    シリーズ5作目。日本初の脳死のドナーからの肝移植を成功させるものの、倫理面やプロセスの問題から各方面から叩かれてしまう当麻。前巻同様出る杭は打たれる日本の風潮には何ともやるせない気持ちになってしまう。そんな中で台湾の同士から転院の誘いが来た当麻。物語はいよいよクライマックスへ。

  • キムトモ さん

    いよいよ当麻先生執刀開始いろいろ策打って執刀が始まりましたが…もちろん成功はするのだろうけどその後の始末が大変そうです_| ̄|○当麻にもきっとモデルの方がいると思うし、バチスタシリーズにも天才医師が出てくるが…天才医師って実在するんだなぁ〜〜とも思ってしまった…(ノ-_-)ノ~┻━┻美女が沢山登場するが…彼女らを惚れてしまう男子の気持ちの描写がしっくりこない…

  • まひはる さん

    脳死がテーマ。いよいよ、次作でクライマックス。

  • のあ さん

    どんどんストーリーが展開されて進んでいく。読み応え抜群。実川先生の立場が大きく変わり、当麻先生の理想が現実されようとしてる今作。命と向き合う人達の熱い物語。臓器提供、ドナー登録をしようとより強く思った今作でした。

  • saga さん

    【再読】急転直下の展開となる近江大の卜部教授の急死。教授選を契機に、実川は自重を余儀なくされた中で、肝臓提供のドナーが現れる。医師としての矜持と、生活者としての立場のジレンマは、サラリーマンなら共感できるだろう。それにしても、蘭の末節を汚すエピソードや、麻酔医・白鳥と看護婦・水島の関係は不要なのでは? と感じた。また、会話の中で、「徒輩(とはい)」なんて熟語は使わないだろうことに、古さと硬さを禁じ得ない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大鐘稔彦

1943年愛知県生まれ。1968年京都大学医学部卒。母校の関連病院を経て、1977年上京。民間病院の外科部長、院長を歴任。その間に「日本の医療を良くする会」を起会、関東での初のホスピス病棟を備えた病院の創設や、手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術68件を含む約6千件の手術経験

プロフィール詳細へ

大鐘稔彦に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド