映像研には手を出すな! 3 ビッグコミックス

大童澄瞳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091898876
ISBN 10 : 4091898874
フォーマット
出版社
発売日
2018年06月12日
日本
追加情報
:
160p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sin さん

    「遊べ、若人よ。」小学生の好奇心に水没した街との遭遇、河童?映像に音響=オニカナ!鬼の撹乱からの過去の会合、参加目指す“COMET-A”当然の対価vs建前の教師、宣伝は大事〜酒屋の倒産、完売した作品「まだまだ改善の余地ばかりだ。」

  • かんけー さん

    読了♪冒頭?顧問の先生とひと悶着wこの先生自由過ぎる〜(^_^;)「遊び方をコントロールするのが良い管理者ってもんよ」言ってる事が正論過ぎて反論出来ない金森氏?グヌヌとw道の下を流れる川に浅草ワールドの妄想は際限無く拡がって(^_^;)COMET -Aと云う即売会に作品を出して?一儲けと企む金森氏だが、生徒会と学校の理事長(校長?)からダメ出しを喰らう(^_^;)アーティストである浅草氏と水崎氏はアニメに夢中に?生徒会の書記ちゃん(名前知らんw)音響部の御用を命じられて?部の百目鬼氏のキャラも拘りの→

  • アナクマ さん

    敵か味方か生徒会。群れない音効さんの参入。作品仕上げて販売へ。◉幼少の金森さんが叔父の商店手伝い、経験が学びとして定着する描写に説得力を感じました。「誰も知らねえ店に、客が来るわきゃないんだ」行動→応答→洞察、その積み重ねでヒトの個性が形作られていくという挿話。◉紙袋をかぶると口周りがふやける。よく喋る人から先に、という描写。コミカル顔から素顔になった瞬間、ああこんな顔の人なのかとハッとする。◉「知らない人に声かけるなんて、世間じゃ不審者だぞ」浅草・金森両氏の出会いがいじらしい。誰にも武器はある。

  • 4月から新職場の寺 さん

    やはり感想は4巻で述べたいと思ってやまない。

  • いっちゃんず さん

    音響研の百目鬼氏(女子なのか…)も加わり、この巻もグイグイ制作進行する映像研。表現だけではなく、経営、広告、学校や社会との関わりとかにも目を向けていて面白い。空想や妄想を絵画化しているので、漫画表現としてはわかりにくいところもままあるけれど、絵も内容もすごくオリジナリティがあるので読んでしまう。次巻も楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

大童澄瞳に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド