第二次太平洋戦争 下

大石英司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784125001630
ISBN 10 : 4125001634
フォーマット
出版社
発行年月
1991年02月
日本
追加情報
:
227p;18X11

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
なんというかグダグダでなあなあな戦争終結...

投稿日:2021/04/24 (土)

なんというかグダグダでなあなあな戦争終結の仕方。この世界の日本は史実の10倍くらい強力でアメリカは史実の10倍くらいヘタレな雰囲気ですわ。

hhi さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • TEDDY曹長 さん

    ラストが少し悲しいなぁ。 でも自衛隊が出来るだけ米国の犠牲を 少なくする様に追い込んでいく様は ありえる様に感じます。 それにしても、包囲戦に投入される 冬戦教に萌え萌え

  • 1977年から さん

    1992年

  • Poirot さん

    徴発したママチャリで進撃する海兵隊員モエスwww

  • Meistersinger さん

    空しさ爆発のエンディング

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大石英司

1961年生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。1986年『B‐1爆撃機を追え』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品