子どものためのニッポン手仕事図鑑

大牧圭吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784775526941
ISBN 10 : 4775526944
フォーマット
出版社
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;29

内容詳細

100年後に残したい職人の技。

目次 : 第1章 「暮らし」を豊かにする手仕事(線香職人/ 水うちわ職人/ 津軽塗職人 ほか)/ 第2章 「彩り」をそえる手仕事(べっこう職人/ 和紙職人/ 食品サンプル職人 ほか)/ 第3章 「遊び」を生み出す手仕事(輪ゴム鉄砲職人/ すずり職人/ 線香花火職人 ほか)

【著者紹介】
大牧圭吾 : ニッポン手仕事図鑑編集長。1977年、長野県安曇野市生まれ。映像ディレクターとして、秋田県、長野県、神奈川県、和歌山県など、全国の地方自治体の移住促進PR映像などを手がける傍ら、「ニッポンの手仕事を、残していく」をコンセプトに掲げる動画メディア『ニッポン手仕事図鑑』を2015年1月に立ち上げ、編集長に就任。日本の未来に残していきたい技術や文化を、国内外に向けて発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うー(また遅れ気味です🙇) さん

    どんな小さなものでも、それを作った人がいる。人によって作られた、繊細で、たくましい伝統職人の技を知ることができる良書。

  • ris3901 さん

    職人さんの仕事を40種紹介。書名から検索すると、動画サイトで全員分の動画が見られるとのこと。職人さんになって欲しいのではなく、知ってほしい、触れてほしいとの著者の言葉。ですが、将来の仕事のひとつとして子供にも勧めたい本。

  • にきゅ さん

    子どもじゃないけど、楽しく読んだ。職人が尊敬される国、そうでなきゃいけません。私も職人に憧れる。非正規時給スタッフちゃん。

  • mamaboo さん

    最近閉じてしまった枕の職員さんもいました、技術は残っていってほしいです。

  • オキャベツ さん

    【きっかけ】本館で適当に。しごとばイメージで。【感想】必ずしも伝統的なのばかりでないのがおもしろい。で、できたものをもっと見たかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大牧圭吾

ニッポン手仕事図鑑編集長。総務省地域力創造アドバイザー。1977年、長野県安曇野市生まれ。2015年1月に動画メディア『ニッポン手仕事図鑑』を立ち上げ、編集長に就任。動画による情報発信のほかに、現在は「年間100人の後継者を産地に」をミッションに掲げ、「後継者インターンシップ」を全国各地で開催。これ

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品