私たちはAIを信頼できるか

大澤真幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163915944
ISBN 10 : 416391594X
フォーマット
出版社
発行年月
2022年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
229p;18

内容詳細

大澤真幸、川添愛、三宅陽一郎、山本貴光、吉川浩満。最先端の5人が「信頼」をテーマに語り尽くす。ゲーム、言語、哲学の最新知見から、人類の未来が見えてくるのか?もっともわかりやすく、もっとも刺激的な、2022年のAI論!

目次 : 1 三宅陽一郎「世界と知能を再構築する」―聞き手 山本貴光&吉川浩満/ 2 川添愛「意味がわかるとは何か」―聞き手 山本貴光&吉川浩満/ 3 大澤真幸「無意識が奪われている」―聞き手 山本貴光&吉川浩満/ 4 座談会「私たちはAIを信頼できるか」―大澤真幸、川添愛、三宅陽一郎、山本貴光、吉川浩満/ AIと人類の36冊

【著者紹介】
大沢真幸 : 1958年生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学

川添愛 : 1973年生まれ。作家。九州大学大学院にて博士号(文学)を取得。2012年から16年まで国立情報学研究所社会共有知研究センター特任准教授。専門は言語学、自然言語処理

三宅陽一郎 : 1975年生まれ。ゲーム開発者、工学博士。京都大学で数学を専攻、大阪大学(物理学修士)、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、AI研究者に

山本貴光 : 1971年生まれ。文筆家、ゲーム作家。慶應義塾大学環境情報学部卒業。2021年より東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。吉川浩満氏とウェブサイト「哲学の劇場」を主宰

吉川浩満 : 1972年生まれ。文筆家、編集者。慶應義塾大学総合政策学部卒業。ウェブサイト「哲学の劇場」では山本貴光氏と文系、理系を問わず良書をわかりやすく解説、批評している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tamami さん

    それぞれ社会学者、言語学者、ゲームAI開発者である三人が、ゲーム作家、編集者の二人からAIの現在と将来、人類への貢献と課題といったテーマでインタビューを受け、私たちとAIとの付き合い方を考える。AIが形作る未来の世界、人類とAIとの関わりがもたらす可能性と課題等々について、大変に示唆を受ける。いわゆるゲーム脳など、AIがもたらす危険性が言われているが、社会学者の大澤さんの「AIは人間のように考えていない。意識的に抵抗しなければ、データ教に呑み込まれてしまう」との指摘は、人間の心の本質によるものだけに重い。

  • けんとまん1007 さん

    ある時期を境にして、AIの2文字が氾濫し始めた。それまで、ITと言っていたのが急にだ。多少なりとも、その周辺にいた者として、違和感が大きく、今はさらに違和感が大きくなっている。AIとさえ言っていればいいような風潮で、誰もが、何もわかっていない。それを前提にして、この本を読むと共感できることが多い。改めて、言葉・表現・理解・感情ということを考える。そしてタイトルにある信頼の2文字。AIを考えることは、人間とは何かを考えることでもあるてゃ、その通りだと思う。もっと、地に足のついた思考が必要だ。

  • ころこ さん

    吉川・山本コンビによる三宅・川添・大澤とオールスターのような座組の対談と座談会。AIができることを論じるのかと思いきや、ここで到達しているのは、例えばAIが小説を書けるようになると、そもそも「良い小説とは何か?」という問いが人間の側に改めて生まれるようなことだ。AIによって人間の上澄みだけを掬っている「人間そっくり」をつくり出すことで、はじめてその不気味さ、問題点に気付くことができる。例えば野球の審判を完全にAIにしようという議論がある。ビデオ判定を補助的に使うようにAIを使うのならば賛成だが、全面的にA

  • 桔梗屋 さん

    AIが人類文明に対して多岐にわたる影響力を持ちつつある中で、ゲーム、言語学、社会学の各分野の第一線の皆様で「結局、AIって信頼に値するの?どうなの?」話を、これまた気鋭の文筆家2名相手に、インタビュー&座談会で語りまくる、という本。AIについては、当分この本と、この本のメンバーの本と、巻末のブックガイドの本読めば事足りると思います。ChatGPTと戯れてる中で「まだまだ腹割って話すのは無理」と悟ったんだけど、言うて「何考えてんだか予想もつかん奴」は信用できない、ってのはAIに限ったこっちゃ無いよなあ、と。

  • 乱読家 護る会支持! さん

    一時期は、シンギュラリティでAIは人間の知性を超えて、人間の仕事が無くなり、そして人類はAIに滅ぼされてしまう、、、といった未来への悲観論が広がりましたね。 すこし、AIが何ものなのかの理解がすすみ、不安感が落ち着いた今、あらためてAIについて考える本です。 語られた問いは、、、 ⚫︎AIは人類の仲間なのか? ⚫︎そもそも「知能」とはなにか? ⚫︎「意味がわかる」とは? AIについて考えると、最終的に「人間とはなにか?」という、人間には解けない哲学的な問いにぶち当たるのが、面白いなぁと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品