大森靖子+最果タヒ「かけがえのないマグマ 大森靖子激白」

大森靖子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784620323510
ISBN 10 : 4620323519
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
204p;20

内容詳細

若者から熱狂的に支持されるミュージシャンがその半生を詩人とともに感情のヒダまで結晶化させた、言葉の起爆装置。

【著者紹介】
大森靖子 : 1987年生まれ、愛媛県出身。ミュージシャン。美大在学中に音楽活動を開始。2013年にアルバム『魔法が使えないなら死にたい』『絶対少女』を続けざまに発表。2014年、エイベックスからメジャーデビューし、アルバム『洗脳』発表。2015年、全国ツアー後に妊娠を発表し、10月に男児を出産。2016年、活動を本格再開する

Rocky Boyd : 1986年生まれ。詩人、小説家。2006年、現代詩手帖賞を受賞。2007年、詩集『グッドモーニング』上梓。同作で中原中也賞を受賞。2012年に詩集『空が分裂する』、2014年に詩集『死んでしまう系のぼくらに』発表。後者で現代詩花椿賞を受賞。小説家としても精力的に活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 若布酒まちゃひこ/びんた さん

    ひたすら素晴らしかった。大森靖子というひとの人生といきあうことで、じぶんの人生がなぜか立ち上がる、稀有な読書経験をした。

  • daiyuuki さん

    東日本大震災の後に自分がすっきりするために歌っていたのがそこで聴いてくれている一人一人の命のために歌わなければならないと思うようになったこと、歌詞を書く時のこだわりは瞬間ごとその瞬間に弾ける言葉を選ぶそして周りのことを俯瞰で見て吸収してその人が振り向くような歌詞を書くこと、ファンに対する「ボロボロだったとしても、あなたの人生のすべてがYESだってせめて音楽の中で言いたい」という想い、今まで発表した曲の歌詞も解説も収録されているし、大森靖子が越えてきた人生の階段そしてマグマのような愛がつまった自伝です。

  • iuba さん

    すでに年ベス候補。大森靖子さんを知らなかったのに、最果タヒさんの言葉が好きで読んだ。視聴もせずにCDを買ったし、ライブに行きたくなった。気軽にこういう言葉を使いたくないな…でも、愛情、やさしさ、まっすぐに自分と向かい合ってる人のことを考えている、そういう姿勢が、ほんとうにストレートに叩きつけられる。圧力のある言葉が肌から染み込んでくる。この本をさした本棚は活き活きしてみえる、力をもらえる、そういう存在。好きなことを好きなままで生きていていいんだなって、教えてもらえる。幸せになった。ありがとう。

  • アヤミ さん

    靖子ちゃんの人生って凄く複雑なように見えて、実はとてもシンプル。いつだって自分自身に対して正直で、努力を積み重ねてきた、そんな人柄の表れだなと思います。私もそんな風でありたいし、そんな自分になってまた靖子ちゃんに会いに行きたいです。

  • だるだるだるま さん

    大森靖子ちゃんのことはなんとなく好きだけれど、まだCDも持ってないしライブも行ったことはない。学校終わりに本屋さんでコーヒー1杯で一気に読んで、読み終わってすぐCDを買いに走った。靖子ちゃんは私と地続きな世界を生きてるんだなあって思った。魔法が使えないなら死にたい、いっぱい聴く。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

大森靖子に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品