NOVA+屍者たちの帝国 書き下ろし日本SFコレクション 河出文庫

大森望

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309414072
ISBN 10 : 4309414079
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
381p;15

内容詳細

『屍者の帝国』映画化記念、完全新作アンソロジー。北原尚彦、坂永雄一、高野史緒、津原泰水、仁木稔、藤井太洋、宮部みゆき、山田正紀の各氏による全8編。円城塔インタビューも特別収録。

【著者紹介】
大森望 : 1961年、高知県生まれ。京都大学文学部文学研究科卒。翻訳家、書評家。責任編集を務めたアンソロジー“NOVA書き下ろし日本SFコレクション”全10巻(河出文庫)で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆりまり さん

    伊藤計劃作品の持つシリアスさの中にあるお茶目なパスティーシュ性に倣いつつ、『屍者の帝国』の世界を拡張し深化させるSFアンソロジー。ベテラン勢中心による内容と構成は軽妙かつ手堅く、先に発表された『伊藤計劃トリビュート』と比較しても充実度やコンセプト性はこちらが上回る。特に高野史緒女史の作品は読前の期待を良い意味で完全に裏切られた。今年のSF短編ベスト。円城塔氏の完成時のインタビューも収録されており、劇場版で初めて作品に触れた人の副読本としても。生前の伊藤氏に近しい大森望氏の熱の篭った編集後記も読み応え充分。

  • ゆかーん さん

    『屍者』をテーマに著名人たちが描いた作品集。幕末、宗教、奴隷、動物、など様々なジャンルで書かれた短編に感動しました!中でも印象深いのは、『屍者狩り大佐』と『ジャングルの物語、その物語』。どちらも、動物が屍者となる話ですが、その内容が実に斬新で面白いです!人間と動物の脳を半分ずつ取り込んでしまった虎の話や、クマのプーさんのファンタジーをブラックに仕上げた物語など、先の読めない展開を思う存分楽しみました!そして最後に、円城塔さんのインビューがこの作品の鳥を務めているのが素敵です!最後まで楽しんで読めました!

  • 里愛乍 さん

    トリビュートを読み、映画を観て改めて原作を読み、そして本書を読んで思ったこと。『屍者の帝国』とは一体どれだけの可能性を秘めているのだろうか。オリジナルは遺された序文のみであり、残念ながら私たちは本来のその先を知ることは望めない。だが原稿用紙30枚といわれる遺稿から扇形のように広がり、作家や読者、考察を重ねた人の数だけ各々の『物語』が存在する。映画はもちろん、円城塔氏の原作でさえ、その中に含まれているのかもしれない。これが彼の遺した計劃≠フひとつだとしたら!何という壮大なProjectであろうか。

  • 瀧ながれ さん

    屍者(死んだ人間が動くモノ)が登場するならあとはどんなでも、というくらい、原作『屍者の帝国』から自由になった物語が並ぶアンソロジー。確かに死んだのに目の前で動き回って、でも確かに意志(魂)を持たず、生前の「彼」とは異なる存在、でも動くんだよ…。という「屍者」の不安定さが、わたしの認識と合致した『従卒トム』と、このおはなしはわたしをどこに連れてゆくの?と思った『小ねずみと童貞と復活した女』が印象に残りました。いや、どの話も目眩しながら読みました、最後の円城塔インタビューまで。世界が揺らぐようです。くらくら。

  • 絹恵 さん

    例えば生きるということが、与えられた21グラムを削り続けながら君のもとへ辿り着くための旅をしているのだとしたら、言葉は距離の証明だった。だからこそ、どうしようもないくらいに現在地を知る。君の代わりなどいない、君の代わりになどなれないと痛感する。でも泣けない君のために、私の涙/言葉があるのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大森望

1961年、高知市生まれ。京都大学文学部卒業。書評家、SF翻訳家、アンソロジスト。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品