30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

大塚寿

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478016619
ISBN 10 : 4478016615
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
追加情報
:
19cm,243p

内容詳細

一生懸命だけではうまくいかない時代、差はどこで生まれるのか。年収・結婚・貯金…。格差はこの10年でつくられる。人生の土台となる30代、先人たちの後悔から導き出された等身大でリアルな50の具体策を紹介。

【著者紹介】
大塚寿 : 1962年群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBA取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マガリ さん

    人生は「賭け」でなく「育てる」もの。表舞台に立つ30代は人生の岐路。目標には期限を設け、自分を磨くこと。実務能力、共感力、自分プレゼン力を高め、仕事の基礎を固め。コミュ力となる雑談は、相手が喜ぶこと、素朴な疑問、共通の話題を選ぶ。週26コマとし、仕事以外の時間を有効に活用。一緒にいる人を主体的に選び、人生の仲間と共にする。複数のキャリアを身に付け、リスクヘッジ。利他の精神を重んじ、好奇心を忘れない。折れない心は、問題解決力が担保。30代は挑戦の瞬間、1日を丁寧に生きよう。★★★★☆2011年1月刊行

  • たー さん

    これを読んだから何かが分かるという訳ではないけど、頑張らなきゃという気持ちにはなる。

  • みんと さん

    多忙に任せて、自分自身の在り方を考える間もなく過ぎてしまう30代こそ、考えておかなければいけなかったことが、たくさんあることに気付かせてくれる。 家族、家庭、収入、教養、マイホーム、人間関係など、多くの人の失敗談なども踏まえリアルな人生設計をしておきたいものである。 特に家庭を持つか、持たないかは人生最後の時までをも考慮しながら、慎重に考えておくべきだろう。 30代を過ぎてから、既に遅かったと後悔しないためにも、読んでおいて損はない。

  • 村越操 さん

    30代、後悔しないための提言集。「自分で何かを変えようとするより、憧れの対象を見つけてそこに少しでも近づこうとすること。実は、それこそが変化を起こす最大の近道」「考えるより、まずは行動する。行動してはじめて正しく考えることができる」「人生一度、死ぬときにああ面白かったと言える人生を送る」「仲間が見つからないのは、自分が相手に心を開いていないから」「たった一度きりの人生。他人や俗説や社会通念などに左右されることなく、自分で自由に人生設計を描く」「夢なんてどうせ叶うのですから、大きいほうがいい」

  • おはぎ さん

    ★★★★☆1万人インタビューによる30代のときにしておけばよかったと後悔したものを50にまとめたもの。20代は種まき、30代は育成期、40代は収穫、50代は収穫したものを使って過ごすというライフステージからすると、30代は土台を作る大事なとき。先人からのアドバイスが詰まっているが、これに耳を傾けるか否かも自分の判断次第。自分が納得できる人生が送れるように努力したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大塚寿

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品