乱読のセレンディピティ 思いがけないことを発見するための読書術

外山滋比古

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594069964
ISBN 10 : 4594069967
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
205p;18

内容詳細

一般に、乱読は速読である。それを粗雑な読みのように考えるのは偏見である。ゆっくり読んだのではとり逃すものを、風のように速く読むものが、案外、得るところが大きいということもあろう。乱読の効用である。本の数が少なく、貴重で手に入りにくかった時代に、精読が称揚されるのは自然で妥当である。しかし、いまは違う。本はあふれるように多いのに、読む時間が少ない。そういう状況においてこそ、乱読の価値を見出さなくてはならない。本が読まれなくなった、本ばなれがすすんでいるといわれる近年、乱読のよさに気づくこと自体が、セレンディピティであると言ってもよい。積極的な乱読は、従来の読書ではまれにしか見られなかったセレンディピティがかなり多くおこるのではないか。それが、この本の考えである。

目次 : 本はやらない/ 悪書が良書を駆逐する?/ 読書百遍神話/ 読むべし、読まれるべからず/ 風のごとく…/ 乱読の意義/ セレンディピティ/ 『修辞的残像』まで/ 読者の存在/ エディターシップ/ 母国語発見/ 古典の誕生/ 乱読の活力/ 忘却の美学/ 散歩開眼/ 朝の思想

【著者紹介】
外山滋比古 : 1923年、愛知県生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。東京文理科大学英文科卒業。雑誌『英語青年』編集、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授、昭和女子大学教授を経て、現在に至る。文学博士。英文学のみならず、思考、日本語論などさまざまな分野で創造的な仕事を続け、その存在は、「知の巨匠」と称される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miyoshi Hirotaka さん

    書店に行くと暗い気持ちになる。世の中には溢れるほど本があるのに、人生で読めるのは、ほんの僅かだということに気付かされるからだ。書評や人からの勧めで興味をもつ、題名を見て手にとる、目次を眺め序文を読むなどの過程にすら奇跡に近い出会いがある。人との出会いと同じだ。一方、どれだけ名刺を集めようが、どれほどSNSで友達を増やそうが、役に立つのはわずか。百発百中は期待しないし、外れが多いからといってやめる理由にはならない。乱読の効用は、会った人が会うべき人を教えてくれるように読んだ本が読むべき本を教えてくれること。

  • KAZOO さん

    自分が乱読なものでこのような本を読むと安心すると同時に自己満足に浸っています。読書の分野を推薦するのではなく、乱読についての意義などを書いてくれている読書法の本なのだという気がしました。さらっと読めます。こういう本を読むと、じっくりと読むのはまだまだ先だなあという気がします。狐さんや平野啓一郎さんのじっくりと読むのも興味があるのですが。

  • よこしま さん

    本は風のごとく読むのがよい。◆鮮烈なメセッージでした。乱読≒速読でもなく、遅読でもない。5章の「風のごとく」が特に。◆昨日レビューにあげた寺田寅彦の「科学者とあたま」も、頭が悪いのと同時に良くてはならないと訴えていたように。兎のように速すぎると途中で拾い物ができない。◆“乱読のセレンディピティ”。1つの分野ばかりに傾倒していると他の分野が読めない。慣れてるα読ばかりでβ読ができないからで。乱読をすることで思いがけない発見“セレンディピティ”することができるのが醍醐味です。◆さぁ明日は何の分野を読むかな。

  • SOHSA さん

    著者の明晰な言説に胸の奥に溜まった澱がすっきりと流れた。今までの自分の読書の在り方に、それで良いのだと優しく囁いてくれたようで、力を貰った。読書は深い。人間の知も。「風のごとく、さわやかに読んでこそ、本はおもしろい意味をうち明ける。本は風のごとく読むのがよい。」(P67) すっと心にしみこむ印象的な言葉だった。

  • YuriL さん

    文学博士外山滋比古氏による読書論。一見アンチ読書論?と思えないでもない節が散りばめられ、正直かなり耳が痛い箇所も少なくない。中でも「問題は〜(中略)〜 知識のための知識を不当によろこぶ勘違いである。知識メタボリック症候群にかかっていては、健全な生き方をしていくことは叶わない」と、知識第一主義を批判する段は手厳しい。読書は本来思考のためなのだ。耳の痛いことばかり語られているが、読後は今後も乱読を続けて良いのだと、妙に背中を押された気分になった。いや、痛いからこそ、読書メーターユーザー必読なのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

外山滋比古

1923年、愛知県生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。文学博士。東京文理科大学英文科卒業。雑誌「英語青年」編集、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授、昭和女子大学教授を経て、現在に至る。専攻の英文学をはじめ、ディターシップ、思考、日本語論などの分野で独創的な仕事を続ける(本データはこの書籍が刊行さ

プロフィール詳細へ

外山滋比古に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品