肉炒め 毎日頑張っているあなたへ。とにかく簡単に作れるレシピです。

堤人美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766133127
ISBN 10 : 4766133129
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
112p;26

内容詳細

目次 : 豚肉炒め(ズッキーニのマヨカレー炒め/ ごぼうのきんぴら風炒め ほか)/ 鶏肉炒め(玉ねぎの南蛮炒め/ キャベツとえのきたけのおかか梅炒め ほか)/ 牛肉炒め(丸ごとピーマンのしょうゆ炒め煮/ キャベツのソース炒め ほか)/ 手軽に作れる肉炒めの「副菜」(茹で卵とレタスのサラダ/ わかめ、切り干し大根の酢の物 ほか)/ 手軽に作れる肉炒めの「汁物」(にんじんのコンソメスープ/ くずし豆腐のスープ ほか)

【著者紹介】
堤人美 : 料理家。京都生まれ。料理研究家のアシスタントを経て、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    レシピも写真も、そして文章もシンプル。けれど、きちんと行き届いているので雑というよりは「端正」という言葉が似合うレシピ本です。正統派なものが多いのですが、基本がしっかり押さえてあるので色々応用が可能です。写真が特に好みでした。

  • baboocon さん

    「肉炒め」というタイトルですが、実際には肉野菜炒めのレシピ本。主となる肉の具材別(豚・鶏・牛)にレシピが載っていて見やすい。肉の下ごしらえは必須と書かれていて「マジか…」となった。いくつか作ってみたけれど、たしかに簡単に作れて美味しい。砂糖を使うレシピが多いのが少々気になったかな。

  • chatnoir さん

    肉と野菜の炒め物だけど、肉だって鳥豚ウシ、野菜だってたくさんの種類、さらに味付けを変えたらいくつのレパートリーになるんだろう...それなのに、なぜかいつも同じ取り合わせになるので、反省。ピーマン丸ごと...って種は邪魔じゃないのかな?自分で自由にアレンジできるように、色んな方面からのコツも載っていた。

  • dowalf さん

    お弁当とか夕飯のおかずがマンネリしがちなので読んでみました。定番の炒め物から、「お!これも炒めちゃう!?」と少し驚く一品もあり。レシピ横に時々入る注釈や食材のコラムから堤さんの料理愛が滲み出ている気がします。

  • ヨハネス さん

    うん、こういうのが欲しかった。暑がりだしせっかちだから煮物いや。といって、さっき読んだ「ずぼら1分」だと全然美味しそうじゃなくて悲しくなる。これはちゃんと美味しそう。ただし、ほぼすべてににんにくを使うので、あたしは好きだからいいけど嫌いな人は困ると思います。ナンプラーはしょうゆ、甜麵醬は味噌で代用と冒頭で書いてくれてるけど、まだまだXO醤とかチリパウダーとか豆鼓とか、あまり使わない調味料が多いです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

堤人美

料理家。京都生まれ。料理研究家のアシスタントを経て、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品