じいじが迷子になっちゃった あなたへと続く家族と戦争の物語

城戸久枝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036450909
ISBN 10 : 4036450905
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
185p;22

内容詳細

著者の父・城戸幹は、一九四五年八月に日本が戦争に負けたあと、中国にたったひとりで残されました。中国人の養母に引きとられて孫玉福となり、大きな愛のもとで育った城戸幹は、多くの困難にも決してくじけず、二十五年後に日本へ帰国を果たします。数々の受賞に輝く傑作ノンフィクション『あの戦争から遠く離れて』で、父・幹の半生を十年かけてたどった著者が、母となり、子へと家族の歴史を語りつぐ。

目次 : プロローグ じいじが迷子になっちゃったお話/ 第1章 戦争のおわり、物語のはじまり/ 第2章 ぼくはいったい、だれ?/ 第3章 帰りたい、帰れない/ 第4章 じいじがあなたのじいじになるまでの物語/ エピローグ 小さな家族の物語から、あなたの物語へ

【著者紹介】
城戸久枝 : 1976年、愛媛県松山市生まれ、伊予市育ち。徳島大学総合科学部卒業。出版社勤務を経てノンフィクションライター。『あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅』(2007年/情報センター出版局。現在は新潮文庫刊)で大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞ほか受賞。一児の母で、戦争の記憶を次の世代に語りつぐことをライフワークとするほか、子どもをめぐる食環境についても、取材を重ねている

羽尻利門 : 1980年、兵庫県生まれ、京都育ち。立命館大学国際関係学部卒業。基礎演習の発表テーマは「中国残留孤児」。在学中に香港中文大学へ留学。卒業後は商社マンとして、日中間の食品ビジネスに従事した。のちにイラストレーターに転身。2006年、第7回インターナショナル・イラストレーション・コンペティションで優秀賞受賞。絵本に『夏がきた』(あすなろ書房/2019年IBBY選定バリアフリー児童図書)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • てぃうり さん

    一番初めの中国残留孤児のお話。産みの親より育ての親、ではないのかなと疑問に思った。が、その立場でない私には分からない境地。じいじが日本に帰らなかったらこのお母さんもお孫さんもこの世にはいなかったのだから。 歴史に翻弄されながら生き抜いた人々の強さの凄さに感動した。 戦争は罪。

  • Hisashi Tokunaga さん

    善かれと始まった満州侵略が、日本をとんでもない大戦争に導きいれた。時代が戦争を導き、<日本>が個々の多くの人々を不幸という名の人生を作ってしまった。本作品は、散在する戦争がもたらす不幸の一つの証でもある。不幸を背負うのは、時代に引きずり込まれた<私>。かけがえのない<私>である。不幸を救う試みが、歴史は戦争という不幸を増殖させた。(追記)19年8月27日ASA記事 残留孤児 養父母の思いは 育てた記憶を証言 若者が撮影 「中国養父母記憶館」(黒竜江東北デジタル出版伝媒 HP)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

城戸久枝

1976年、愛媛県松山市生まれ、伊予市育ち。徳島大学総合科学部卒業。出版社勤務を経てノンフィクションライター。『あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅』(2007年/情報センター出版局。現在は新潮文庫刊)で大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞ほか受賞。一児の母で、戦争の記

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品