七十歳死亡法案、可決

垣谷美雨

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344021259
ISBN 10 : 4344021258
フォーマット
出版社
発行年月
2012年01月
日本
追加情報
:
310p 19cm(B6)

内容詳細

2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を強行採決する。2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」と喜びを感じながらも、自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せずにいた。我侭放題の義母(84)の介護に追われた15年間、懸命に家族に尽くしてきた。なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、実家に寄りつかない娘(30)とみな勝手ばかり。「家族なんてろくなもんじゃない」、東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて…。すぐそこに迫る現実を生々しく描く。注目作家、渾身の書き下ろし小説。

【著者紹介】
垣谷美雨 : 1959年、兵庫県生まれ。明治大学文学部卒業。ソフトウェア会社勤務を経て、2005年「竜巻ガール」で第27回小説推理新人賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
高齢化社会による医療費や保険制度が行き詰...

投稿日:2018/12/11 (火)

高齢化社会による医療費や保険制度が行き詰まり、その打開策として施行される「七十歳死亡法案」。 誰しもが七十歳を迎えると死ななければならない。タイトルだけを見るとショッキングだけど 低賃金や少子高齢化や老々介護など、今の日本の課題をまんま物語に落とし込んでいて 将来を考えさせられる一冊。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zero1 さん

    長生きは幸福?人の本質なら極端な設定を描くといい。垣谷らしい作品。70歳になったら安楽死!という法案が可決した。宝田家では、寝たきりの義母を介護する嫁の東洋子が疲弊。前半はイライラとため息。夫は妻の苦労を何も分からず海外旅行(怒!)。介護だけでなく引きこもりやブラック企業などの問題も描いている。ご都合主義はあるが、人の本音と「家族とは何か」を考えるきっかけになっている。家族だから言えないことはある。各人が動き出した後半は爽快感あり。やるじゃん。だらしない男が多い中、MVPは藤田!

  • Yunemo さん

    「物足りなかった」というのが、読後の第一感想。今の政治課題をすべて盛り込んでの展開。まさに今、65歳以上が全人口の1/4となっている高齢化社会問題そのものを取り扱ってはいるのだが。その割に軽すぎる感がある。ブラックユーモア的な眼でみればいいのかもしれない。60歳を過ぎて初めて、人生を俯瞰することができる、と言わせているが、高齢者と若い世代の関係をどう見ていくのか。単に若い世代が高齢者を養っていく世界にはしたくはない。家族のあり方をも含む大きな課題。国民全部が自分の立場で何をやっていくか、自身の課題でもある

  • ダイ さん

    孤軍奮闘する母親に対する周りの無理解・・・最後がイイ感じでよかった。それにしてもこんな法律できたらと考えると・・・ガクガクブルブル。

  • ごんごん さん

    本のタイトルに興味をひかれて借りました。 バラバラになってしまった家族が最後は収まるところに落ち着いていった感じですね。それぞれが何かしらを抱えていて、それをわかりあえていなかった。ひとごとじゃないなと思った。七十歳で人生が終わりだとしたら、残りの人生の方が短い年齢、どういう未来を見据えて生きていけるだろう。色々考えさせられました。現実に、「七十歳死亡法案」が施行されると世の中はどうなるだろう。政治家の方々、日本人が生き易い世の中にしてください。

  • barabara さん

    この人の文はとても読みやすい、だからといって中身がない訳でなく、するりと自分も文体の中に入り込んでしまう…何とも心地のいい清潔なリズム感だ。設定は勿論、装丁も凝っていて、本当にこんな事になったら…とつい思いながら人々の心理を考えてしまう。今のまま、日本が突き進んだら?老人の医療拒否くらいは…。いやいや、やっぱり怖いわ、そんなの。お話だけでも切実に感じたのだから。13

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

垣谷美雨

1959年、兵庫県生まれ。明治大学文学部卒。2005年「竜巻ガール」で小説推理新人賞を受賞し、小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品