きのみのケーキ もりのおくりもの

垂石真子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834011609
ISBN 10 : 4834011607
フォーマット
出版社
発行年月
1992年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15×19cm,1冊

内容詳細

たぬきは森でひろった木の実でケーキをつくりました。とてもきれいにできたので、森の仲間を呼びにいきます。ところが大変、戻ってみるとケーキが消えてしまっていたのです……。 3才から

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ケーキ作りのとても可愛らしい本です。イラ...

投稿日:2021/06/13 (日)

ケーキ作りのとても可愛らしい本です。イラストがとても可愛くて、ストーリーもとても女の子受けがしそうなお話で、女の子にとてもお勧めです!

ちっちゃんママ さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • momogaga さん

    【おとなこそ絵本】「分け合い」「集う」がテーマ。秋にピッタリのお話でした。

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】ケーキがどこかへ行ってしまって大騒ぎ。最後はハッピーエンドでした。森の恵みのいっぱい詰まったケーキを食べてみたいです。

  • たーちゃん さん

    カラフルでとても美味しそうな木のみのケーキ。たぬきさんが作った物を、森の仲間と食べようと声を掛けに言っている間にケーキがなくなった!?最後はみんなでお茶会出来て良かったね。

  • くぅ さん

    プレキンダーの子供は幼稚園の運動会に参加できないことになった今年。せめてもということで今日は先生方が園庭に隠してくれた手作りどんぐりを探してトトロにプレゼントする行事をしてもらいました。絵本もそろそろ秋のお話。せっかくなのでどんぐりも出てくるケーキのお話。ケーキ作りが大好きな息子は大喜び。「とったねぇ!」と息子は言っていて、確かにその通りなんだけど、もともとは彼らのものだった気もした母。(今日から3歳4か月)

  • かおりんご さん

    読み聞かせ(154)保護者による読み聞かせ。小さい本だったので見えづらかったですが、それでも楽しく聞いていました。ケーキをどうやってとったのかが気になったそうです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品