坂口安吾全集 別巻 坂口安吾研究、回想・批評、補遺・年譜、シナリオ他

坂口安吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480710482
ISBN 10 : 4480710485
フォーマット
出版社
発行年月
2012年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22

内容詳細

目次 : 補遺(現代仏蘭西音楽の話/ 想ひ出の町々―京都 ほか)/ シナリオ・戯曲(負ケラレマセン勝ツマデハ(八住利雄)/ 櫻の森の満開の下(広渡常敏) ほか)/ 回想・伝記(坂口家の系図について(坂口敵吉)/ 阪口寿庵(阪口五峰) ほか)/ 研究・批評(石川淳と坂口安吾(澁澤龍彦)/ 「日本文化私観」論(柄谷行人) ほか)/ 参考資料

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • がんぞ さん

    作品全集補遺として、雑誌アンケート、座談会、ラジオドラマ台本(『負ケラレマセン、勝ツマデハ』に描かれる税務署との闘争は自身の体験によるという)、(彼の祖父、父の)伝記、死亡追悼記事、など。安吾の家庭背景とか詳細な年譜で、いち早く戦後世相の推理小説などエンターテイントメントに徹した作家像が浮かび上がってくる。【評論】「『日本文化私観』(昭和17年に執筆)論」で柄谷行人はフロイトの『遊びの反対は真剣ではなく《現実》』という言明を援用して「安吾にとって出会い、描いて示すべきものは観念ではなく現実だった」と説く。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂口安吾

明治39年(1906年)新潟県生まれ。東洋大学文学部印度哲学倫理学科卒。アテネ・フランセにも通う。1955年死去

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品