ファッション イン ジャパン1945-2020ー流行と社会

国立新美術館

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861527814
ISBN 10 : 4861527813
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
A4変 / 368ページ

内容詳細

もんぺからサステイナブル、さらにその先へ、戦後の日本ファッション史をたどる

戦中戦後のもんぺ、国際的に華々しく活躍する日本人デザイナーの台頭、ゴスロリ……。日本が生み出してきた装いの文化は、その独自の展開で世界を驚かせてきた。豊かな表現を生み出すきっかけとなった明治期以降の社会状況や流行を発端に、戦後から現在に至るまで日本のファッションを包括的に紹介。衣服、写真、雑誌、映像など豊富な資料を通して、 流行の発信者と衣服をまとう私たち、その両者をつなぐメディア、それぞれの視点から各時代のファッションを紐解く。

●戦前〜2020年のファッションの潮流を約700点以上の図版で総覧
VAN ジュン HANAE MORI ニコル イッセイミヤケ KENZO ユキトリヰ KANSAI YAMAMOTO ビームス コムデギャルソン TAKEO KIKUCHI コシノジュンコ ア ベイシング エイプ アンダーカバー ユニクロ ケイタマルヤマ TSUMORI CHISATO ミナペルホネン Mame Kurogouchi サカイ アンダーカバー アンリアレイジ…etc.

●戦後日本におけるユニークな装いの軌跡を「流行」と「社会」から追随する

●井上雅人、難波功士ら豪華執筆陣による寄稿多数!


関連展示
ファッション イン ジャパン 1945-2020ー流行と社会
島根県立石見美術館 2021年3月20日(金)〜5月16日(日)
国立新美術館 2021年6月9日(水)〜9月6日(月)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    1920−1945年を前史として、戦後のアメリカ文化と圧倒的なまでの物量の時代が爆発的にはじまる。この頃の広告を見ると、中原淳一と「ソレイユ」や資生堂などが先端を切っていたことがわかる。田中千代らの先駆的なデザイナーの時代を経て、高度経済成長を駆け抜け、やがてイッセイやケンゾーらが世界にモードを発信するようにまでなる。自分自身を振り返れば、黒を基調としつつもヴィヴィッドなデザインのカンサイのセーターやコムデギャルソンのスーツを着ていたなと懐かしくなる。それ以降の時代はもうアルマーニから、やがてゼニアの⇒

  • アキ さん

    2021年コロナ禍の中で開催された国立新美術館での展覧会の公式図録。ファッションから社会が見えてくる。戦後の洋裁文化の普及から60年代のミニスカート、ヒッピー、70年代日本人デザイナーの海外での躍進、80年代DCブランド、竹の子族、90年代渋カジ、アムラー、ガングロ、コギャル、2000年代ファストファッション、2010年代サステナブルやオーガニックから消費における循環が意識され、2020年コロナ禍によりエフォートレスなスタイルが浸透しつつある。いつだって流行は、社会と切り離せない。

  • たまきら さん

    デザイナーズブランドから、ストリートファッションまで。駆け足ですが日本のファッション近代史をギュッと濃縮した一冊です。時系列で紹介しているため、同じデザイナーが変遷していくのを「そうそう、そうだった」などと思い出す楽しさがありました。ハイ・ファッションとストリートファッションをどう対比させて展示したんだろう?訪れた人たちのファッションは?色は?照明は?色々妄想が広がる展示図録です。

  • 紫羊 さん

    ファッションは時代を映す鏡ですね。現在の感覚では珍奇としかいいようのないものもありますが、それとて懐かしい。時代が新しくなるにつれ馴染みがなくなってくるのは、もはやファッションとは無縁の年代になったということでしょう。とにかく楽しめる本でした。

  • くさてる さん

    戦後(それ以前の洋装の誕生から)の日本のファッション史。展覧会の公式図録だそうだけど、実際に行ってみたかったなあ。懐かしいものもあれば全く知らないものもあり、共通するのはそれが「ファッション」であることだけ。でもそれがまるで人間一人一人の可能性と個性の具現化であるような気がしてきた。マメクロゴウチがすごく素敵だ……

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品